なぜ日本の漫画実写化は酷いのですか??? アメリカの「バットマン」や「マーベル作品」の映画化、実写化は凄いです。 その市場は世界レベルです。

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

別に酷くはないでしょ。 ハリウッドと予算が10倍くらい違うのでチープに見えるのは当たり前。

1人がナイス!しています

>チープに見えるのは当たり前。 チープに見えるのが当たり前な状況は「酷い」と言うかと思います。 ましてや「予算10倍」の映画も見せられ比較できる中でです。 太平洋戦争で「敵は10倍だから負けてるだけ!!酷くない!!」と吠える旧日本軍の方でしょうか?

0

私は日本の映画の俳優は人気な人ばかりでキャラクターに合った人を見つけてないからだと思います

0

バットマンはコミックだが、実写ドラマのシュールな作風のほうが有名で子供心に印象強かった。 劇場版はつまらない。 リアルタイム視聴者にはなんで映画にするのか理解不能だし、アカデミー賞とか別次元。 プリズナーNo.6同様、カルトな作品はこういう糞真面目な映画にしてほしくない。

1

マーベル作品もMCUが始まるまではヒドかった。(画像はキャプテンアメリカ) バットマンにも「フォーエバー」「バットマン&ロビン」など頭が痛くなる大駄作が連発した時期があった。 ちゃんと悪い所も見るべきです。

画像

1人がナイス!しています

そこから今の飛躍したのは何故でしょうか? 日本では「デビルマン」「進撃の巨人」「鋼の錬金術師」と悪い所から抜け出せていないのはなぜでしょうか?

1

・予算、製作期間が全然違う ・最初から狙いが「世界」「国内」と分かれている ・アメコミは著作権の関係で「これが原作」と言う物が明確に 存在しない。 日本はこれが明確なので自由度が少ない。

1人がナイス!しています