交通違反における警官の誤認による冤罪防止用にドライブレコーダーを付けていると思いますが、 これだけドライブレコーダーが普及しているということは誤認がそれだけ多いということでしょうか?

交通、運転マナー | 交通事故664閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。 BAは最初の回答にさせてもらいます。

お礼日時:7/3 8:52

その他の回答(10件)

0

あれは事故に対してのもので >ドラレコの普及率は警察に対する不信感の目安とも言えますね。 そう考える人はまずないのかと(^^;

0

追突されて アチラの運転手は 信号が青だったって言う訳だよ それ聞いた保険屋もね ドライブレコーダーは凄いね 見せましょうか?って言ってやったわ 向こうの保険屋に 泣き寝入りしないで済んだ訳だよ あいまいな記憶より 確かな記録ですよ。

0

そもそも誤認検挙がどれだけ発生しているのか、正確な数値は公表されていません。 警察に対する不信感か否かは、人、それぞれと思いますよ。

公表されていないからこそドラレコの普及率が目安になるのではないかと考えました。 私はドラレコは警察による誤認の証明ぐらいにしかメリットが無いと思っています。 つまり警察に不信感を持っている人がドラレコを付けていると思っているのです。

0

いえ、警察の誤認は圧倒的に少数ですし、疑わしきは罰せよなんて考えはありませんし、ドラレコの普及率は不信感の目安にはなりません。 ドラレコを付ける主な目的は、他の回答にもある通り「事故における不当な過失割合を避けるため」です。と言っても、重要なのは「何のために過失割合を気にするか」ですよね。これは主に自分の車の修理代の自己負担を下げるためです。 保険料を自車の修理代に充てるには車両保険のオプションが必要ですが、これは自動車保険の補償の中でも費用対効果が非常に低いことで有名です。人生で一度や二度事故を起こしたくらいだと、対人や対物は保険料よりも補償の方が上回りますが、車両保険はマイナスになることがほとんどです。 そもそも対人対物が数百万~数千万円の負担になり得るのに比べ、自車の修理代は高くても30万円x過失割合で自己負担は数万円くらいなので、保険が無くて困るということがあまりありません。実際約半数のドライバーは車両保険を付けていません。 車両保険を付けていない以上、過失割合は自己負担に直結します。1万円程度のドラレコで数万円の自己負担の差に繋がるのですから、十分に有用と言えるでしょう。 過失割合以外にも、駐車中に傷を付けられたり車上荒らしの対策にもなります。駐車中の被害に対して保険は使えません。そもそも保険が降りる案件じゃないですし、犯人を捜す役にも立ちません。 そんな時でも、ドラレコの映像が有れば犯人が見付かる可能性がグンと高くなります。 もちろん、修理代が高くなるような高級車に乗っていたり、事故が多かったり、ルール違反が癖になってて過失割合が高くなる人にとってはドラレコより保険を充実させる方が有効でしょう。特にルール違反者にとってドラレコはあまり役に立ちませんので、付ける意味が薄いと言えます。 普通のドライバーにとっては、ドラレコを付ける方が費用対効果が高く、事故以外の使い道もある。その辺の理解が進んだことやドラレコ導入のハードルが下がったことが、普及率が高くなった根本的な理由でしょう。

過失割合を気にするのは次回からの保険料に影響するからだと認識しているのですが違いますか? おっしゃる通り、車両保険に入っていない人にとっては切実な問題ですね。 結局のところ、ドラレコの普及率は車両保険の加入率ということですね?