回答受付が終了しました

子供が軽度発達障害でストラテラを飲を飲んでいます。しかし服薬後すぐに強迫性障害になってしまい、フルボキサミンも飲んでいます。

発達障害 | 病気、症状164閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(1件)

0

本来あるべき量に達しない物質を少しでも有効利用というのが取り込み阻害薬の作用です。ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンのバランスも量が十分あった上での話です。ストラテラはノルアドレナリンの取り込みを阻害することでその前駆体であるドーパミンも前頭葉で増えるとされます。 必ずしも相反しているとは言えないと思いますがストラテラとフルボキサミンは『併用注意』で安易に処方されるべきではない組み合わせともされています。ストラテラが効き始めるまでには時間がかかりますが、効果が確認された後でフルボキサミンが処方され始めたのでしょうか。 疑問は、軽度(?)の発達障害でストラテラが必要だったのか、服用後に不安障害になったのは実は心因的なアタッチメントの問題があって心が不安定、集中できないのを ADHD、発達障害と誤診した可能性もあるのではないかという点です。 https://www.gentosha.jp/article/13734/