最近、古事記を読み進めているのですが、出てくる神々に人間味を感じます。親近感すら覚えます。そもそも人と神の違いとは明確に存在するのでしょうか?そもそも神とは何なのでしょうか?

文学、古典 | 宗教126閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

それらのことは知りませんでした!貴重な情報、ありがとうございました!

お礼日時:7/2 13:38

その他の回答(2件)

1

「古事記」の神々は人間臭いのです。 それは、古代の支配層の御先祖様の出来事(史実)をモデルに神話が出来ているからです。 神(かみ)とは、目に見えない身体(み:特殊仮名遣いの乙類)のことであり、「理屈抜きに、ありのままに受け入れる」これが古神道の心なんです。 これは紀元前の縄文人・弥生人から受け継い心なのです。 私は45歳までは、原始仏教や原始キリスト教の勉強(修行)ばかりして、神道には全く、興味がありませんでしたが、邪馬台国の謎に近づくには「古事記」しかないと思い、古神道精神のお勤め(ボランティア)を始めました。 だから、観えるのです。 弥生時代後期に日本にやって来た計略的で、差別的で、ずる賢い(頭がよい)、血統を重んじる支配層が、素直で、情熱的な縄文の心を利用して、新しい神(命、尊、皇)を作ったことが・・・ 分かりづらいと思いますので、例をあげます。 只、神話は多元的であり、色々な元話しからできており、何が、何処が、一番関係が深いかの判断となります。 「古事記」天地開闢 天地初發之時 於 高天原 成神名 天之御中主神 訓 高下天 云 阿麻 下效此 次高御産巣日神 次 神産巣日神 此三柱神者 並獨神成坐 而 隱身也 天之御中主(あまのみなかぬし)神 「古事記」で最初に記載される神様です。この語尾にある「神」は「ジン」と読もうが「かみ」と読もうが構いません。 天(あま):天上界にある架空の国 之(の):固有名詞につける格助詞(歴史学会は格助詞「の」と「つ」の使い分けは認めていません。阿保か!) 御中(みなか):「み」は、川や湖や海にある水(みつ)、「なか」は中央の意味。 主(ぬし):「~のぅし」の読みで、「の」は格助詞。 「ぅし」は、大人(うし)のことで、「高位な(徳が大きな:う)・人(さ/し)」の意味。 和語の基本は、語中では母音が連続しないので、「う」の読みは、殆ど発音されないか省略される。 具体的に、このモデルになった人物がいた場所は、 福岡市・春日市・那賀川市を流れる那珂川(かなかは)流域です。 ここを中心とする大きな国家が生まれ、漢に朝献するまになったのです。 すなわち、日本の文献に記載された倭奴國初の大王になります。 その根拠として、次の高御産巣日(たかみ・むす・ひ)と神産巣日(かみ・ぅむす・ひ)の2神のモデルの存在があげられます。 「古事記」では全てが、左優先になっており、先出しの高御産巣日が左、次の神産巣日が右に座すことになります。 那珂川中心とした場合、川下が北になり、左が早良平野・糸島平野で、右が大野平野・宇美平野になります。 高御産巣日(たかみ・むす・ひ): 天孫族発生の地になります。 高御(たかみ)の「たか」は「岳(たけ)」で、福岡市西区の飯盛山のこと。「み」は室見(むろみ)川のこと。 産巣(ぅむす)は「生み成長させる」意味の動詞。 日(ひ)は「ひく」の縮約で、「魏志」倭人伝の卑狗(ひく)に相当し、力(ちから)の強い長官を意味する役職名。 神産巣日(かみ・ぅむす・ひ): 天孫族に対抗した勢力地になります。 神(かみ、かむ)は乙類の神(かみ)では無く、現人(あらひと)神になる。 これは甲類の「み」で、川神(みつち)、雷水神(いかつみつち)の意味である。 口伝とすなら「かむ」と読む。 産巣日(ぅむす・ひ)は上同。 ・・・このように神の話が、本来の意味が分からなくなって、語り継がれているのです。

画像

1人がナイス!しています