マルウェア感染後の拡散防止としてSubGateの営業を受けることが多いですが、拡散防止という点だけをみればEDRで同様の役割を担うことは可能ですか?

ベストアンサー

0

ありがとうございます。 テレワークや外出先で使うことの方が多くなったのでエンドポイントのセキュリティを強化したいと考えておりました。 それと4月の法改正でログ管理できるソフトが必要になり、EDRならどちらの役割も担えるんじゃないかと。 しかし、ネットワークではなくエンドポイントの方に投資でいいのかなという迷いもありまして・・・。 というのもUTMは使用してますが、昔からどのベンダーもお決まりのように次のステップとして拡散防止にSubGate、出口対策にCloudEdgeを勧めてくるので洗脳ではないですが、それが一般的なんだねという頭になっています。 重ねて質問になり申し訳ないのですが、 例えばインターネットVPNで会社のネットワークに繋げばネットワークのセキュリティを強化した場合恩恵を受けられると思うんですが、社内に設置してある端末よりセキュリティは劣りますよね?