気象予報士が言う・・ 「梅雨明け」って、予報じゃなく 後出しじゃんけん」じゃないの??

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

梅雨の入り/梅雨入り明け そもそも気象予報(天気予報)では有りませんよ。 まさか、同じだと思ってたんですか? _(._.)_

0

昭和くらいまでは説得力があったんですが、その当時は一般人でも「そろそろ梅雨明けだな」っていうのが気候の感じから予想できました。予報ではなく、当日発表!って感じでした。「梅雨明けです」っていう感じの発表だったと思います。 確か2000年以降のどこかで、「やっぱり1週間前に梅雨明けしていました。」みたいな発表をした年があって、そこを境に「遡って梅雨明け判断することもある」「梅雨明けを修正することもある」っていう説明があった気がします。 発表も「梅雨明けとみられる」に変わりました。 実際には遡ったのはその一度だけで、修正したこともないと思います。 予報でも後出しでもなく、その場判断て感じに近い気がします。

0

そうですが・・・何かご不満ですか? 予報士は予報しか話してはいけないという定めはありません。 「今日は暑かったですね!」だって、立派な話です。 「桜が昨年より3日早く開花しました!」だって天気予報の会話ですよ。 「梅雨入り」も「梅雨明け」も予報とは限りません。 その確定は事後に行われます。 もちろん「今年の梅雨明けは早そうです」なら、立派な予報ですが。