こちらの消印は免許証の裏に一人暮らしの住所を登録する際の郵便物の役目を果たすのでしょうか?教えていただきたいです。無知な質問ですみません。

画像

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!住所変更できました!

お礼日時:6/29 17:39

その他の回答(2件)

0

これは「消印」ではありません。 「消印」ではないことから、免許証の住所変更の書類として認められるかは正直微妙です。 受け付ける側の解釈・判断によるので、あなたの宛名の記載がある郵便物であれば「認める」可能性もありますが、「消印ではないので認められない」と判断される可能性もあります。 認められるかどうかは全く分かりませんので、他の「消印付き」の郵便物を用意することをおススメします。 たにゆうびんぶつがないのなら、自分宛にはがきを差し出せば、はがきに消印が押されてあなたの所に郵便物が配達されますのでこれを住所変更の書類として使うことが出来ます。 消印の押されたはがき(の額印面) ↘

画像
0

いいえ、それは消印ではありません。 料金別納や料金後納「表示」は、差出人が封筒に印刷するものですが、引き受け郵便局はそれに対して消印操作をしませんので、その「封筒」が郵便で送られたものであることの証明能力がありません。各都道府県の警察がわざわざ「消印付き」を条件にするのは、きちんと郵便で届いた住所であることを、その有無で確認したいからです。でも、別納表示の封筒は、単に差出者がそれを印刷したことしか示さず、郵便局の手によって届いたことの証拠になりません。 現在、公的機関から発送される郵便物は、ほぼ全てが別納・後納です。また、封筒に透明な窓を付け、送付する書類に書かれた住所がそのまま宛名の役割をする形態が殆どになり、封筒を破って中の書類を取り出した時点で、きちんと郵便で届いたことの証拠能力は失われます。郵便物で住所を証明することは、相当に難しくなっていると考えましょう。