キャノン EOS Kiss M 室内スポーツ撮影について

補足

設定画面の画像が載せれなかったので。シャッタースピード1/400露出補正max、IOS8000でも暗い場所が多かったです。ザラザラしないに越したことはありません。

デジタル一眼レフ157閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさまとても有益な情報を丁寧に回答してくださり ありがとうございました。 とても悩みましたが、何度もいろいろな提案をして下さった iamwoikiruさんに決めました。 iamwoikiruさん、ありがとうございました。

お礼日時:7/6 12:44

その他の回答(5件)

0

撮影した写真が添付されていれば判りやすいのですが、ともあれ屋内のスポーツ撮影は困難ですね。 では機材…となりますが、レンズを活用となると、一眼レフではEOS 6DmarkⅡ。ミラーレスではEOS RP・ EOS R・EOS R6になります。 それぞれ値段も関連して特徴と言うか特性があります。 現在 EOS Kiss Mとの事で画質以外の面で不満(問題がない)なら1番お安いEOS RPでもとは思います。 ただ… EOS Kiss Mより良い結果にならなければ意味はないのですが、そう言った意味ではどうかな?と言う部分があります。 と言うのはISOの部分で数値が上がる程ザラザラするのは承知の通りですが、高感度撮影ではそのザラザラが【マシ】になると言う話でザラザラになる事実は変わりません。【マシ】になる事に対して10万円以上のお金を払うかですね。 文面でボールがブレるとありますが、ボールは敢えてブラして選手の顔はブレずに撮れれば、結果躍動感ある所謂成功写真とも言えます。 なにがなんでもブラさないと言う意識を変えると今の機材でも上手く撮れるかも知れません。

コメントありがとうございます。 また、返信遅くなり申し訳ありません。 レンズを活用したいとの文を拾ってくださりありがとうございます。 たしかにマシになる程度に10万は勿体ないですね・・・ 挙げてくださった機種を参考にもう少し悩んでみます。

0

シャッター速度優先AEで撮影していると思います。 私の経験上、体育館ではシャッター速度1/500秒・絞り値5.6・ISO感度が25600位に成ります。 ISO感度が8000では暗く成ります。 体育館での撮影はEF70-300mmでは無理なのです。 体育館での撮影でよく使うレンズは70-200mmF2.8のレンズです。 このレンズなら1/500秒・F2.8・ISO6400位です。 それとAPS-Cエントリ機では限界なのです。 体育館の撮影が主体ならフルサイズ機と70-200mmF2.8の組み合わせに買い替えをお勧めします。 キヤノンでいうとEOS R6とRF70-200mm F4 L IS USMにしないと余り変わり映えしないです。雑と計算して60万円です。 ザラザラになってもかっちり止めるか、それともワザとブレた写真を撮り、動きを表現するかのどちらかにするのも手です。 因みに露出補正は余り意味が無いです。 明るさはシャッター速度と絞り値とISO感度で決まります。 シャッター速度優先AEの場合はシャッター速度は固定で変わらず、絞り値とISO感度をカメラが考えて変更します。 貴方の場合はシャッター速度は固定で、絞り値は開放の5.6になっています。 その状態でISO感度がオートになっていないと変更する所が有りません。

コメントありがとうございます。 ご意見を参考に買い替えようと思い始めました。 しかしおすすめしてくださった組み合わせは予算オーバーです。 自身でもいろいろ調べていますが、買い替えるにしてもなかなか決めきれません。

0

先にある回答の通り、 その撮影場所の明るさの限界でもあり その機材での限界でもあるのですが そもそも >手元とボールがどうしてもブレてしまう → >レンズが悪いのか、カメラが悪いのか、はたまた腕の問題なのか >上手く撮影出来るのであれば と、何か、手元とボールがピタリと止まってる写真が良い!? との視点のような気がします。 手振れしていて、写真全体がボケてるなどと違い 速く動いているものがブレている、というのは 動体ブレであって必ずしも悪い写真の条件ではないですよね。 単純に腕が悪い、といった事とは違います。 選手の動きの中でも特に速い部位、それが手首であったりひじから先であったり。それは強いアタックを生み出している大元。 選手の動きは止めて写せてるのに、それでも手先はブレている。 その写真は、その選手の強さを表現出来ている!とも伺えます。 ブレてるから良い写真ではない、ではなく 静止した写真の中に一部ブレている、というのは 躍動感であったり、スポーツのスピードの表現であったりして 高感度の、いや好感度になる結果(^^♪ アニメ、ハイキューなどでもわざわざそのブレを表現してたりするから バレーボールの躍動感が伝わっていくのではないでしょうか? アニメでなく同じ静止画の漫画では、 如何にそのブレ具合を表現するかで スピード感、移動感、力強さなどを表現しているではありませんか!? 止めて撮る事ばかりに力を込めるより 写真表現方法、手法、写真を見る事の知識の方にも意識を持つと 撮る行為で過剰に機材投資にばかり目が行ってしまう事より 「写真見せて(魅せて)」を楽しむことの幅を増やせるようにも思います。

手持ち機材での限界を知り その機材を使う中での出来る表現方法を工夫するのも また、貴方の腕の良さ、感性の良さという評価にもなったりします。

0

暗くなるなら、単純に明るくしたいなら、ISOを上げればいいです。 オートのISO上限を引き上げるとか。 ただしザラザラしてきますが、気になるのは拡大表示した時なので、撮ることは出来ます

SS1/400まで上げたらISO8000くらいは全然行きます。 FとSSとISOの三つで明るさが決まるので、レンズを明るい物に変えないなら、SSを下げるしかありません。 SSが下げられないなら、これが機材の限界です。