ID非公開

2022/7/1 15:34

55回答

公明党に騙された人いますか?

画像

2人が共感しています

その他の回答(4件)

0

「国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律」(静穏保持法)の立法趣旨は、街宣活動により国会審議に影響が出たり、外国公館が迷惑していたので規制しようというものでした。 当時、国会では消費税導入を巡って与野党が激しく対立していました。断固反対を掲げていた公明党が急に審議に応じはじめたそのわけは・・・ 平野貞夫/公明党・創価学会の真実(講談社)より ◆『この法律(静穏保持法)の対象に「政党本部」も入れることを、権藤さんが秋谷会長からの要請だといって持ち込み、消費税法案などの審議と取り引きした歴史があった。なぜ、秋谷会長らは政党本部500mの範囲の規制にこだわるのか。それは創価学会本部が公明党本部から500mの範囲内にあったことによる』

0

公明党がどんな党なのかは別として。 一票と投じる決断をしたのはあなた自身です。