回答受付が終了しました

ID非公開

2022/7/2 6:12

1414回答

マイクロフォーサーズが望遠に強いというのは本当ですか?

回答(14件)

2

単純に400㎜で800㎜の画角になるので、レンズサイズを小さくできるのを「望遠に強い」と言っとるだけかと。確かに扱いきれないバズーカを抱えるのと小型レンズでは取り回しが格段に違うので、有利な点は有利です。 まあそんなことは実際どうでもよいので、無視して自分のスタイルを貫いたらよろしいかと。 機材の優劣なんか語るだけ無意味です。

2人がナイス!しています

2

センサーの画質に関わる項目に1画素あたりの面積があります。 1画素の面積が大きいフルサイズが画質で有利なのは当然ですが。 マイクロフォーサーズの画素数が2000万としてその画素密度をそのまま フルサイズに広げると7400万画素ほどになります。 >要は400mmで撮ったものをトリミングして800mm相当の画角にしているだけですよね? 仮に7400万画素のフルサイズで撮った画像をトリミングすれば仰るように マイクロフォーサーズで撮った画像と同じになります。 ただ7400万画素のフルサイズはないし2450万画素のフルサイズ画像を マイクロフォーサーズの大きさにトリミングすれば660万画素ほどに なり、4500万画素なら1200万画素です。 400mmで撮った画像を比べるとマイクロフォーサーズは解像度がよく、 ダイナミックレンジが低くノイズが感じられるという画像となります。 フルサイズはその逆です。 400mmのマイクロフォーサーズと800mmのフルサイズでは解像度を 含めて全ての点でフルサイズが上です。 ただ、機材の重量やコストを考えるとマイクロフォーサーズにも十分 使用する価値はあります。

2人がナイス!しています

0

あなたマイクロフォーサーズでどれくらい絞るのは満出来ますか? まあ、私的にはF8が限界でF11なら写ルンです使いたくなります。 マイクロフォーサーズの性能限界が低いのは此処と2000万画素から増やせない事が上手く、絶妙に絡んできます。 APS-Cで絞り11の選択は行いたくないです。 μ4/3も絞り8の選択は行いたくないと思うでしょう。 望遠が小さくて済むのは良いですが絞りの選択肢が狭くなります。 不自由ですよ。感度上げてもノイズが出る。明るいレンズは大きくなる。 全否定はしませんけど撮影条件設定が狭くなるのは否めない事実です。 サブに持ち歩くのは便利でしょう。素人が楽しむのも出来ます。 現場にそのシステム持って行って割り切って仕事するのも商売でしょう。 否定はしません。私は個人的に使わないだけです。

0

基礎的な事を言うと、 焦点距離は諸元にも記載されているレンズの基本スペックの一つです。 フォーサーズであろうが、35mmフルサイズ(以後フルサイズと表記)であろうが、レンズの焦点距離400mmなら400mmです。それを忘れてはいけません。 焦点距離と投影サイズで画角が決まります。 なので、フォーサーズの400mmは画角から言うと、所謂、35mmフルサイズ換算焦点距離800mm相当と言えます。 貴方の言う、 >要は400mmで撮ったものをトリミングして800mm相当の画角にしているだけですよね? は、ある意味正解で、ある意味不正解です。 400mmの焦点距離に対し、フルサイズの1/4の面積のフォーサーズと言う意味ではトリミングと言えなくもありませんが、フルサイズの400mmの出力画像を800mm相当にトリミングした物と、フォーサーズの400mmで撮影した物では違います。画素密度やレンズ設計が違いますからね。

0

あなたの意見は半分正解で半分不正解です。 400mmが本当の800mmになるわけではないというのは正しい。 しかし予算や体力でレンズに400mmまでしか用意できない場合に、本体にフルサイズを使うのか、マイクロフォーサーズを使うのか、という選択なら、マイクロフォーサーズにも多少のメリットがあるので、半分不正解となります。 現実的に手に入るレンズで焦点距離をカバーできる撮影においてはフルサイズ一択です。 しかし、野鳥などの場合は、必要な画角が1200mmだったりします。 フルサイズだろうがマイクロフォーサーズだろうが、最大の予算を突っ込んでも1200mm画角に届かない場合に、最終アウトプットの画像の画素数を残すためにマイクロフォーサーズにメリットが出てくる場合があるという事です。 ただしフルサイズに高画素機を使えばトリミングしてもある程度は画素数を残せるので、マイクロフォーサーズにメリットがあるパターンは限られます。 それでもメリットがある場合は実際にあるので半分不正解となります。