ID非公開

2022/7/2 10:33

88回答

マグナムって実際強い銃なのですか?

ミリタリー166閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

私がこれまでに海外で試射した銃火器の中から、ご参考になりそうな写真を添付しましたので、ご確認ください。 ゲームの影響か、日本でよく「マグナム」と呼ばれてしまうのは、比較的大型の『リボルバー(回転式拳銃)』ではないでしょうか。しかしマグナムとは通常、同じ口径でも高いエネルギーを持つ【弾薬】に用いられる名称(商品名)であり、銃の種類やモデルを指す言葉ではありません。 例えば、.22WMR(ウィンチェスター・マグナム・リムファイアー)弾薬を使用する自動式拳銃も【マグナム・オート】の1つですが、その威力は拳銃の中でごく並で、決して強力なものではなく、あくまで、同じ.22口径の拳銃弾薬として高エネルギー(マグナム)だという事です。 マグナムは拳銃弾薬に留まらず、ライフル用の弾薬にも、ショットガン用の弾薬にも様々存在しています。 つまり「マグナム」という言葉では何も特定ができないので、強弱を判断するには『.500S&Wマグナム・リボルバーは強い?』や『.22WMR弾薬は弱い?』のように、銃のモデルや弾薬の種類が何なのかを示す必要があるのです。 ちなみに、RPG-7ロケット・ランチャーは、着弾時に爆発をする『擲弾(てきだん)』を発射しますので、銃と比較にならないですよ。 ※下記のリンク先は、上から.500S&W、.22WMR、RPG-7を、それぞれ試射した際の動画(YouTube)です。 https://youtu.be/x8ObcAkHD60 https://youtu.be/MIncJ1a21x0 https://youtu.be/ZPwjcFgD-t4

画像
0

弾頭衝突で衝突エネルギーの大きな弾丸。 遠距離狙撃に不向きな弾丸。

画像
0

「マグナム」という言葉は もとは「酒瓶」のビッグサイズを意味する 「マグナム・ボトル」という言い方が始まりです。 この「大瓶」という意味が 銃器の業界では 「火薬の量をぎりぎりまで増やして作った銃弾」 という意味に転じて「火薬量を増やした弾丸」を 「マグナム使用弾丸」(略して「マグナム弾」) というようになり 同じ口径(銃弾の直径)で「火薬量が多い弾丸」を そう呼ぶようになり そうした強力弾を撃てる仕様の銃を 「マグナム弾用銃」(マグナム銃)と呼ぶようになりまました。 同じ「マグナム弾」でも 口径が小さいより大きいほうが 威力も強くなるので 一般には「.22口径マグナム」よりは 「.357口径マグナム」の方が強力ですし それより「.44口径マグナム」の方が強力と言える訳です。 現在、市販品で最強と言われる 拳銃用「マグナム弾」は「S&W社製 .500口径マグナム弾」で 専用の銃である「S&W M-500」で撃った 弾丸の威力(運動エネルギー)は 約4109 J(ジュール)と言われます。 一方のRGB-7は 対戦車用の携帯型ロケットランチャーで その威力(弾頭火薬量:約125g)は およそ22万5300 J(ジュール)となり 単純なエネルギー量で比較すれば 「S&W社製.500口径マグナム弾」の およそ56倍以上となります。 ちなみにこの「S&W社製.500口径マグナム弾」と 「RPG-7」の威力的な間には ショットガン(12ゲージ)や 一般的な狙撃ライフル(例:7.62mm弾)や 長距離狙撃銃(例:12.7mm弾) あとは「手榴弾」や 「グレネードランチャ」などがあるといえます。

6

マグナムというのは薬莢のサイズを変更して通常より多くの火薬を入れた"銃弾"のことです。 拳銃はもとより、ライフルやショットガンにもマグナム弾が存在します。 ベースになった弾よりは威力がありますが、RPGほどじゃありません。 もともと威力の低い弾をマグナム弾にしたものだと、一般的なハンドガンの弾より威力が低い場合もあります。

6人がナイス!しています

5

マグナムは銃じゃなくて弾

5人がナイス!しています