妻を扶養する場合、妻の収入が103万円以内なら、主人の支払う税金が減って手取りが増えますか?

税金 | 社会保険61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 103万円以内との違いは何ですか?

お礼日時:7/2 18:33

その他の回答(3件)

0
ID非公開

2022/7/2 18:33

103万という数字にこだわるのは配偶者控除と配偶者特別控除のダブル適用が可能だった平成16年分以前の昔話と考えた方がいいでしょう。 所得者本人であるご主人の合計所得金額が900万円以下、配偶者の年齢70歳未満を前提とすると… 配偶者の給与収入150万までは配偶者控除38万と同額の配偶者特別控除38万の適用を受けることができるが、150万を超えても逓減しながらも配偶者特別控除の適用を受けることができるので収入を増やせば手取りも増えることに変わりはない。 共働き世帯との不公平感を是正する為に配偶者控除廃止の議論も進んでいるのでいつまでも103万円以下にこだわっていると、いざ仕事を増やしたいと思っても経験や技術が未熟なままなら希望が叶わないことになりますよ。

0

妻の給与収入が150万以内なら、同様の効果があります。 但し、夫の年収が高い場合は、配偶者控除制度が使えませんから、 手取りが増えることはありません。

0

手取りが増えます 妻の収入を抑えることにより、世帯収入は減ります