回答受付が終了しました

ID非公開

2022/7/11 12:01

11回答

私の住まいの近くの珈琲館 何年もの間、ウェイトレスさんが注文を聞きに来るとき、注文をすべて暗記してました 最近久しぶりに行ったら、端末を使っていました

回答(1件)

0

端末(オーダーエントリーシステム)の大きなメリットは、注文聞いてそれをイチイチ厨房までもっていく歩数が全部省略されることです。 ファミレスなどでは、おそらくい1回あたり40~80歩くらいになるでしょう。 疲労削減には大きな役割を果たす機械なのです。また当然それは人件費削減にもなる。イチイチ厨房まで行かなくて、続けて隣のオーダー取れる。客を待たせないことに通じる。 そして厨房も効率が上がる。今までならオーダーを取った後ウエイトレスが「すぐ」それを持ってくるとは限らない。通していない注文を持ち歩いてナイフフォークなどセットしたり、会計が発生し優先したりで注文後3~5分くらいホールドされてたら、料理提供時間が大幅に遅れることにつながりやすい。 厨房の人たちには何の罪もないのに「苦情」が起きやすくなるのです。 けして「ハラスメント」とは関係なく、お客様と従業員にとり、いいことだらけなので、経営者の決断がすべてです。 でも今更導入するのは遅い気もしますが、小さな会社やお店にはいらないか、コスト的に大変なのも事実です。