犬について。犬を飼っている方の回答をお待ちしてます。 雌犬を飼っている方で避妊手術を5歳以降にした方いますか? 理由も教えて下さい。 私の犬が今6歳で未避妊です。

イヌ | ペット189閲覧

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(4件)

1

臓器が病気になる前に健康な臓器を摘出するって。 人間の医療で、病気になる前に病気予防の為に健康な臓器取っちゃいましょう! なんてありますか? 普通ありませんよ。 子宮を取ってしまえば子宮蓄膿症、子宮ガンにはなりません。 子宮がないんだから。 摘出した部位の病気にならないのは当たり前。 生殖機能をいじる訳だからホルモンバランスだってくずれるしそれによって他の病気になります。 犬は喋りませんが更年期障害みたいになっているかも知れません。 人間で考えると、健康体なのに子宮蓄膿症とか子宮ガンになるかも知れないから子宮取っておこう!って考える人はいません。

1人がナイス!しています

体に必要のない臓器などないです。 性ホルモンは、繁殖だけに関わっているわけではないですから。 それがまったくの欠乏状態になるので、成長や老化の過程でさまざまな影響が出るでしょう。 人間はもう子どもを作らないからといって避妊や去勢をする人間はいませんよね。 去勢避妊手術をすると犬にどんな弊害があると思いますか? 肥満だけではないですよ。 犬の去勢避妊手術は人間とは違い健康な臓器を取ってしまう野蛮な行為です。 生殖機能を取ってしまうと ホルモンバランスが崩れ更年期障害のような症状、情処不安定、内臓疾患、癌、皮膚病などあらゆる病気を発症する可能性が高くなります。

0

うちは、どの犬も早いうちにしています。 高齢になり子宮の疾患ですと、1日、2日、診断が遅れただけで、亡くなることもありますし、高齢になると麻酔の危険性も増します。 健康で手術をうけるならば、大体の病院で術前検査をします。採血や、レントゲン、超音波等。その時に麻酔が大丈夫かわかります。もちろん、異常がでれば手術は中止です。 もちろん、麻酔、手術ですから何が起こるかはわかりませんが、高齢で、子宮蓄膿症になったら大変ですし、ご家族でまず相談して、かかりつけ医ともしっかり話してお決めになられては?

2

避妊手術は病気の予防にいいと聞いて 6歳の時に避妊手術しましたが、麻酔が覚めなくて亡くなりました。 凄く後悔して自殺も考えました。

2人がナイス!しています

2

うちの子は6歳で避妊しました。 避妊しなかった理由としましては月経の量が少なかったことです。 避妊した理由としましては子宮蓄膿症を患ってしまったので子宮卵巣全摘出(避妊手術と同じ)しました。 可能であれば高齢になる前に避妊されたほうが良いと思います。 高齢で全身麻酔で避妊すると体力面で命の危険があるからです。

2人がナイス!しています