一眼レフでの動画撮影について 風景の動画撮影に一眼レフを使用予定なのですが 音も鮮明に記録したいため、外部マイクを導入しようと思っています。 そこで一点質問があります。

デジタル一眼レフ | 動画、映像95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ホームビデオとか、後で編集する手間を省きたいならマイク端子の使用も良いですが、音質にこだわった収録をしたいならICレコーダー(PCMレコーダー)の使用をお勧めします。

その他の回答(3件)

0

そうですね、ご想像の通りとんでもない勘違いをしています。 「ワイヤレスマイク(CKMOVA Vocal X V1)では 【サンプルレート:32kHz/解像度:24 bit】です。 ここ機器に関する知識はありませんが、一眼レフの音声入力をご覧になればわかるかと思いますが、3.5mmミニステレオプラグです。 これはアナログ入力でデジタル信号など全く受け付けません。 「32kHz/24 bit」と言うのはbitを使っているぐらいですからデジタルです。どうやって、カメラに入力するのでしょう? 「24bit/48KHzサンプリングが可能」 これ、「CKMOVA Vocal X V1」調べてみましたが、ただの送受信機ですね。カメラとの接続はアナログ3.5mmミニプラグ。つまり送受信間でデジタル伝送をしていても最終的な出力はアナログに変換されている。しかも家庭用ビデオカメラに使う2万円程度の安物以下の1万円じゃないですか。さらにピンマイク付き。まあ、この価格で良い音だったら映像業界ひっくり返りますよ。 音の別録りやマイク代わりによく使われるICレコーダーですが、PCM録音でサンプリング周波数やビットレートは異常なほど高いものが多くありますが、ICレコーダーからアナログ出力される音はほとんど簡易モニターレベルのプアーなものです。そのアナログ出力からカメラに入力している。この様な方式を取るなら5万円前後のICレコーダーでない限りまともなアンプは搭載されていません。 どれほどデジ-アナ変換(アンプ)の質が音質にかかわるか、このような機器でアナログ収録される方はわかっていないのです。 決まって言うことが、「ホワイトノイズが酷いです」まあ、8割以上がこの問題を抱えています。マイク単体でダイレクトに入力しても3.5mmジャックのようなアンバランス接続ではノイズを排除するのは容易ではありません。 これが、マイクはアナログ⇒デジタル変換で送信⇒デジタル受信⇒アナログ変換⇒カメラ入力と、これだけ変換を繰り返せば、元のマイクの音質を保つことは難しくなります。 「CKMOVA Vocal X V1」のことはよくわかりませんが、価格からして安物買いの銭失いになる可能性は大です。

1

外部マイクは、やめたほうが良いです。 一眼レフに、音声録音をすると、結局音が悪くなります。 別に、音声レコーダーで取って、編集されたほうが良いです。

1人がナイス!しています