ここから本文です

織田信長は「うつけ者」と言われてたそうですが、どういう意味ですか?

ika********さん

2009/5/2216:50:22

織田信長は「うつけ者」と言われてたそうですが、どういう意味ですか?

(´・ω・`)

閲覧数:
120,220
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jas********さん

2009/5/2218:32:52

「うつけ」=からっぽ

という意味ですが、転じて愚か者や暗愚、奇矯な振る舞いをする者となります。

「信長公記」には、とても人前に出られないような服装をしたり、歩き方もだらしなく、栗や柿を歩きながら食い、それも人の肩に寄りかかって歩いたしたと記されています。また、父・信秀の葬儀の時も異様ないでたちをして現れ、抹香を位牌にたたきつけて立ち去るなど奇矯な振る舞いを行いました。その頃はまだ礼儀正しさを求められているときですので、周囲は「大うつけ」としかいわなかったということです。

当時の信長は18歳。葬儀での奇行を「若気の至り」と見ることもできますが、家中の敵と味方を区別する「大胆な策」と読むこともできます。これらの奇行は信長の他人の目をくらますための演技という見方もできますが、実際は演技ではなく、信長のありのままの姿であったと思われます。信長は那古野城において気ままに育てられていたので、したいことをしていただけであり、心に鬱屈があればそれをどこかに吐き出そうとしていたのではないでしょうか。

また天文17年(1548)の頃、信長の周囲はすべて敵であり、妻さえ外敵の娘であることから、不愉快な毎日があったため、鬱屈が昂じるようになったといわれます。信長に「大うつけ」、つまり愚か者の形容がかぶせられるのもこの頃だといわれています。

質問した人からのコメント

2009/5/28 20:57:46

降参 ★ぁりが㌧ヾ(。・ω・。)ノぁりが㌧★

「うつけ 意味」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nob********さん

2009/5/2222:54:15

あくまで一説ですが、信長は尋常ではないいでたちで、朝から晩まで悪がきを従えて暴れまわっていました。しかしそれは領内をくまなく歩くことで信頼できる家来や地形、気象の変化による河川の変化などを調べてまわっていたのではないでしょうか?人々はそれを見て「ばかもの」や「おろかもの」の称号「うつけ者」と呼んでいました。

hin********さん

2009/5/2219:29:46

うつけとは「ばか者、愚か者」という意味ではなく「常識はずれの者」という意味。

今で言えばネプチューンのホリケンさん見たいな人ですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる