ここから本文です

移動平均法と総平均法の違いについて

tyu********さん

2009/5/2318:48:33

移動平均法と総平均法の違いについて

会計の知識がなくてよくわからないのですが、移動平均法と総平均法ってどう違いますか?

素人考えだと、移動平均法は日々の仕入や入出庫で単価が変わるのに対して総平均法は期末の仕入や入出庫の総額で単価が決まるのであれば期末だけ見たら同じ単価になるような気がするのですが・・・・

閲覧数:
114,708
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mnm********さん

2009/5/2401:28:50

移動平均法→そのつどの残高と受入高の平均により払い出し単価を計算する方法。
総平均法→繰越高と当期の受入高の平均により払い出し単価を計算する方法。
似ていますが、計算方法がまったく違いますので、単価は異なります。
↓で詳しく説明されています。ご参照ください。
http://home.j00.itscom.net/yodaman/book/0000021.htm

質問した人からのコメント

2009/5/24 23:24:41

抱きしめる なるほど、教えて頂いたサイトはわかりやすい説明ですね。
期末で見ると同じ数量を仕入れて同じ数量を販売したのに、日々単価を計算するだけで結構変わってくるものなのですね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる