ここから本文です

DT50乗りです。排気量について質問させていただきます。

nem********さん

2009/5/2411:11:11

DT50乗りです。排気量について質問させていただきます。

先日普通自動二輪免許を取得したので、2種登録を考えてます。
それにはボアアップキットを組むのが一番手っ取り早いのですが、DT50のボアアップキットは高いので下のようなことを考えました。

排気量=ボア径×ストローク

だと思うので、

ピストンの上を少し削る=ボアアップ

というのは本当にボアアップになりますか?
また、これをやると逆に力が落ちると思うのですがどうでしょうか?

閲覧数:
672
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

takaaki_nekoさん

2009/5/2509:02:34

質問内に有るようにボア×ストロークで排気量が決まります

でも、本当にこのことを理解しているか疑問です

円の面積を計算する方法は解りますよね
ボア直径の半径×半径×3.14(←シリンダーの円内面積)に
ストローク(上下の行程)を掛けた物が排気量に成ります
(排気量はピストン動作範囲の容積を言います)

で、ピストンの上を削ると何か変わりますか?
行程の始まり(下死点)が低く成っても上死点も低くなりますから
行程距離は変わりませんよね?

ボアアップは通常、直径が正規ピストン依りも大きいピストンと
それに合わせて加工(又は製造)されてシリンダーがセットになります
(多少の付属品は割愛します)

機械加工品なので安くないんですよね

もし安く作りたいのならば、ボアアップ用のピストン+リングだけを
購入してボーリング加工工場で純正シリンダーをピストンに合わせて
ボーリング加工して貰うことでキットと同じように揃えることも可能です

但し、2ストシリンダーは鋳物でボーリングをした際にスが出るとシリンダーは
パーです。こうなるとボアアップシリンダーを買った方が確実に安く済んだのに...
と言う事になります。すなわちこれは大きな掛けで有り、運が悪くなければ
安くボアアップできると云う物です

エンジンは吸気した混合気を圧縮し燃焼した際に大きなエネルギーを
得るようにしています
そのために圧縮比が有り、燃焼室の容量が決まっています
燃焼室の容量はピストンが上死点に到達したときに空いている大きさです
ピストンの上面を研磨すると空いている容量が研磨した分大きくなりますよね
つまり、圧縮比が正規量に比べて低く成ると言うことです
この圧縮比はエンジンや仕様により設計されていますので変更すると正規のパワー
を得られなくなる事も有ります

質問した人からのコメント

2009/5/29 21:27:52

降参 行程距離が変わらないことに気づいていませんでした。
今のまま乗り続けたいと思います。
みなさんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cam********さん

2009/5/2611:21:02

小学校の算数の問題ですな、 ×です。
排気量は ピストン面積×ストロー で決まります 削っても数的変化は、ありません。

ボアアップとは、ピストン径を大きくする事です。ピストンとシリンダー交換あるいは、ボーリングですな。
もう一つは ストロークアップですストロークを伸ばします、クランクの交換が必要です。

DT125のパーツは使えませんか? 研究しましょう。

nin********さん

2009/5/2411:20:10

その方法だと、排気量アップにはなりません。

排気量を上げるには、シリンダー内径の拡大か、クランクシャフトのストロークを伸ばす方法です。

ピストン上部を削ると、圧縮比が下がりますので、パワーダウンになります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる