ここから本文です

猫のすい臓の病気について教えてください

violacealunaさん

2009/5/3115:43:47

猫のすい臓の病気について教えてください

15歳の猫(オス)を飼っています。
もう老猫になるんだと思いますがとても元気です。

ですが先々週から毎日(1日に一回ですが)吐くようになり動物病院に連れて行って血液検査やエコーをしたところすい臓の辺りの数値だけエラーが出てしまいはかれませんでした。
他の部分は以上はありませんでした。

吐くときはとても苦しそうに吐くのですが吐いてしまうとすっきりするのか普通に元気です。

人間でもすい臓はとても厄介で発見するのも手術するのも大変だと聞いた事があるので数値が測れないほど酷いのではないかと思うととても心配です

獣医さんはバリウムを飲ませて検査をして場合によっては手術をしてみるかとおっしゃてました。
猫の年齢を考えるとバリウムや手術で猫の体に負担がかかるのではないかと思い踏み切れません。
今は吐き気止めの注射を1日おきに打ってもらっています。
注射を打つと吐く事はないので通っていますがこれからもずっと注射を打ちに行かないといけないのか副作用はないのかと
気になります。

15歳でもバリウムを飲ませて検査や手術をした方が良いのでしょうか

すい臓を悪くされた猫ちゃんを飼われている方やご存知の方がいましたらいろいろおしえてください。

閲覧数:
7,684
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/5/3119:39:27

膵炎(膵臓疾患)は主な症状が腹痛・嘔吐・食欲不振などです。
ですがこれらは、多くの病気に出る症状で、これだけでは「膵炎」と特定することはできません。
また、血液検査では異常が見つけられにくく、そのため発見が遅れがちになります。

膵臓に慢性的な炎症が生じている状態で、膵臓自体にダメージがあるだけでなく、膵臓から分泌される酵素が組織自体を消化するようになるなど非常に危険な状態になります。
放っておくと、膵臓だけでなく肝臓などにも症状が広がり、腎不全などを併発する恐れがあります。
糖尿病にかかっているネコの多くは、この膵炎が原因となっていることが多いそうです。
また腹膜炎、肝炎、肺水腫、胸水などに進行すると死に至ることも珍しくはありません。


治療としては、膵臓の自己消化を止める決定的薬物はなく、絶食により膵酵素の分泌を抑え自然治癒を待つしかありません。
軽度の場合は2日ほどの絶食、抗生物質の投与、食事療法などで回復しますが、重度の場合は1週間ほどの絶食が必要な事もあります。

せめて他の病気を併発しないうちに発見・治療することが大切です。
また、治癒後も機能が低下した膵臓の働きを補うために、酵素の補給が必要となることが多いようです。



確かに老ネコに全身麻酔は危険かと思いますが、放っておくともっとひどい事態になりかねませんので、主治医とよく相談して、
早期発見・早期治療に心がけることが先決かと私は思いますが・・・。





↓膵炎(膵臓疾患)について、獣医師がわかりやすく説明してくれています。
http://www.noah-vet.co.jp/soudan/cbbs_cat/srch.cgi?no=0&word=%E4X%8...


膵炎
http://www.petwell.jp/disease/cat/suien.html

質問した人からのコメント

2009/6/6 00:32:55

luna_corona_43さん、mabuchan77さん へ

この度はわかりやすい説明、アドバイスありがとうございました

今まで病気らしい病気になった事がなかった猫だったので年齢の事も考えるととても心配でした。昨日2回吐いてしまったのでやはり検査が必要なんだと思います
また質問する事があると思いますのでその時は教えてください

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mabuchan77さん

2009/6/103:10:44

本当にすい臓が原因なのかの検査だと思います。
猫の膵炎などは確定診断法というよりは、消去法での診断ですので可能性のある病気を除外していくことになると思います。
バリウムは異物や腫瘍など消化管の検査だと思われます。
またエコーでは異常がなかったためでしょう。
手術とバリウム検査は別ですのでバリウム検査は場合によって行われてもいいと思います。
また原因が不明の場合試験的開腹をする場合もあります。たとえば、ピノなどアイスに入ってるプラ製のようじを誤飲したばあいエコーやレントゲンには映りません、試験的開腹で穿孔が発見されることがあります。
すい臓(膵炎)が原因なら注射で食べるようになることも少なく、食欲も廃絶しますので、腫瘍やほかの原因を疑われているのかと思われます。
高齢ですので麻酔のリスクを考え主治医と相談なさってください。場合よりセカンドオピニオンを受けてもいいでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。