ここから本文です

1950年代から1970年代の大学受験について確認です。

yma********さん

2009/6/709:55:53

1950年代から1970年代の大学受験について確認です。

この時代に大学受験をされた方に大体共通するのは

・国立大志向が強い。特にその大学が1期校か2期校にこだわる。
・私大の雄である早稲田、慶應義塾、同志社でさえ「ふーん--」という感じで、法政や日大の名前を出そうものなら「スポーツだけではないか。」とか「ダメ。金持ちのボンボンが行く大学。」などと言う。
・学生運動をやったかやってないかにこだわる。

何かその当時の背景からそういう聞き方するんですかね?理由など教えて欲しいのですが----。

補足現在までの回答有難うございました。という事は

①今ほど大学進学率が高くない時代であったとはいえ、学費の安さもあって多くの人が1期校を中心とした国立大に流れ、私立大は早大や慶大でさえあまり眼中になかった。法大や日大辺りになると学費の高さや当時の難易度の低さもあって、高い評価ではなかった。
②学生運動は人それぞれの考え。

の理解でいいですか?

閲覧数:
26,451
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tri********さん

2009/6/712:31:40

①国立大志向・・・当時は国立大学の授業料は今とは比べ物にならないほど格安でした。それに、1期校を目指し、2期校を滑り止めにするという傾向もありました。
②私立大学への想い・・早稲田、慶応、同志社など全国区の大学への憧れはありましたが、国立大学との授業料の格差大きく、お金持ちの子息が目指すところとの意識もありました。その他の私立は眼中にありませんでした。
③学生運動について・・・私が高校1年生の時、校舎には、スプレー?で「安保粉砕!」と書かれ、卒業式には同文の幕を掲げた先輩がいました。(卒業式で卒業証書を破るという事件が進学校でよくあり、新聞に載りました。)
私は学生運動をしませんでしたが、政治への強い関心がありました。しかし、現在、学生運動をしていた人たちも三分化し、転向?して出世した人たちと社会に翻弄されて芽の出なかった人たち、そして、政治に対する関心を残しながらも平凡に生きている人たちがいます。そうした人たちがそれぞれ違った意味で思い出話にするのでしょう。
・・・・当時は大学生が今よりずっと少ないので、プライドも高く、自分の大学生活への思いも強いと思われます。

質問した人からのコメント

2009/6/14 05:18:04

成功 他の回答者の方も有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tuk********さん

2009/6/1301:46:01

あなたがおっしゃっているほど単純には考えられないように思います。
進学率が低い時代とは言いますが、まず今よりも大学の数が少なく、学部の数も少なかった。
その代わり、ベビーブーム以降、こどもの数は多かった。当時の公立高校は一クラス45人や50人で一学年10クラスとかあったんですよ。それなのに今ほど学校も学部もなかったんですから、大学に進学しない人が今より多かったとしても倍率は高かったです。
私はもう少し後の世代ですが、それでも現役時代に定員割れの大学なんて私の周囲では聞いたことがなかったし、倍率2倍以下の大学とか受けた人いなかったような気がする。たしか私が現役で受けた学科も10倍ぐらいだったと思うし。。。(ちょっと変わった学科だからかもしれないけど。)

この問題を正しく把握するには各時代の大学のキャパと受験者の人数を考慮しないといけないように思いますが。。。

gui********さん

2009/6/720:35:51

参考にしてください。

1970年度私大難易ランクhttp://img238.imagevenue.com/img.php?image=23166_211091265681467571...
同志社大 文215.1法216.0経済215.9商214.0
立命館大 文196.2法214.4経済210.7経営185.0
関西学院 文213.8法213.3経済214.8商209.6
関西大学 文182.2法201.8経済185.0商188.7

昭和47年度第3回大学入試模擬試験問題解答と解説
付:合否調査結果からみた合格可能性判定資料
旺文社(英・国・社3教科型)
216 早大政経
211 中央大法
205 早大法
197 立教大社会
196 上智大法
192 立教大経、同志社大経
191 早大商
190 高崎経大経、法政大法、立教大法
189 明治大法、立命館大法
187 青山学院大経、慶大法、中央大経、関西大法
186 法政大経
185 成城大経、同志社大法、関西大商

「25年前も40年前も、慶應法>早稲田法>中央法」


1977年度・国公立、私大(東京進学研究会、関西進学研究会) http://www.geocities.jp/gakurekidata/hensa1977.html
私大文系総合※女子大抜き 偏差値(学部数)
①早稲田大 68.0(5)
②上智大学 67.0(4)
③慶應義塾 66.3(4)
④国際基督 66.0(1)
⑤同志社大 63.3(4)
⑥立教大学 63.0(4)
⑦中央大学 63.0(2)
⑧関西学院 61.6(5)
⑨立命館大 61.0(5)
⑩学習院大 61.0(3)
⑪青山学院 60.2(4)
⑫明治大学 59.4(4)
⑬南山大学 57.7(4)
⑭成蹊大学 57.6(3)
⑮関西大学 57.2(5)
⑮明治学院 57.2(4)
⑰成城大学 57.0(2)
⑱法政大学 56.6(5)

少なくとも偏差値ができた70年代以降は私大の価値は今とそれほど変わらないものだったと思います。当時はスポーツ推薦や一芸入試はほとんどありませんでしたし。

peg********さん

編集あり2009/6/719:35:38

60年代は全国の大学生の政治意識が強く、
社会も高度成長の歪みが様々な形で表れ、異議
申立てするのが学生で大学自治や主体性が問わ
れました。

社会主義やマルクス経済論が盛んでしたが、
二流大や富裕層の大学では学生の意識が低く
学生運動は起きませんでした。

進学率も今は50%ですが50年代は20%台。

自立的な大学は国公立と早慶上智、明治
法政日大同志社関学。
学生の知識や意識は今よりも格段に高かった。

大衆化する前の大学レベルを知っている世代
なんですよ。

ask********さん

編集あり2009/6/910:25:02

当時はそのような価値観でした。
1期を滑ると2期、間に公立。

大都市の私大に入り、休みに田舎へ帰っても地下鉄の話しばかりです。
また、高校同期男女が集まり宜しく楽しんでいたそうです。

aho********さん

編集あり2009/6/712:37:21

知りうる限りでは早慶上智、田辺のない同志社、八王子移転前の中央法、関西学院、西の中央法の関西法とかはそこそこ難易度が高かったはずです。

国立大学の学費って物価スライドを大幅に上回って上がっていて今現在では安い私立文系とほとんど変わりません。ところがそのころは国立大学の学費がすごい安かったので、またそれを含め別の意識があったのでしょう。今ほど交通網が発達してなかったから地方と都市部で分断されていたとかそういうのもあるだろうし、地方にはまだ地方独特の活気や良さがあった。地方の優秀な学生が都市部の私立に行くことが少なかったと思います。

2期だからレベルが低いかというと1期の一流大学の滑り止めに今の駅弁が選ばれているケースもあったので(滋賀とか)そうとも言えないでしょう。

80年代の出来事。私立の郊外移転と地方の衰退。経済のソフト化。とかでいろいろ変わったんでしょうね。

70年代と比べて地方の旧高商中心に国立の衰退は否めないでしょう。都市部の大学でも郊外に移転した大学も評価を下げましたね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる