ID非公開

2023/1/27 22:02

44回答

上司からパワハラ、セクハラを受けましたが、会社はパワハラを行なった上司だけを守りたいみたいです。 現場を見ていた職員の証言すら聞き取りしません。

労働問題 | 職場の悩み144閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/1/28 12:39

最終的には裁判かなと思っています。 裁判になった場合は弁護士費用を出すつもりはあるのですが。 ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:2023/12/1 10:01

その他の回答(3件)

誰かプロを動かすにはお金がかかります。 上司とあなたを比べた場合、会社は上司のほうがビジネスの役にたつと判断したのでしょう。会社は正義の味方ではありません。 警察に届け出たところで、あなたの証言しかないのでしょう? 他の方も会社での立場が悪くなることを恐れて証言しないのではないですか? みんな正義より我が身がかわいいものです。 それでは裁判はもちません(有罪とまではもっていけないということ)。不起訴になる可能性が高いです。 民事で訴えても同様です。有能な弁護士はそれなりの報酬を必要としますから、お金はかかります。 プロに報酬を払わずに慰謝料をもらおうというのは、あなたが思い切り勉強して本人訴訟するしかないのかかもしれません。

ハラスメントは「会社が解決主体となること」が法律で決まっていますが、要は「しっかり調査や検討をしなさい」という義務であって、「労働者が望む結果を出さないとならない」という無茶苦茶な義務はありません。 よって「会社としては、結論はこうである」という会社なりの回答を出せばそれで法的には良いわけです。 これを不服として争いたいなら、 ①無料でなら労働局の「あっせん」制度を利用して話し合う。ただし参加に強制力は全くなく自由なので、そもそも会社が参加して来ない可能性も高い上に、弁護士を連れてくる場合などもあるので、そうなると労働者には圧倒的に不利。 無料の制度なんてしょせんその程度、ってことです。 ②有料で労働審判か裁判をする。 どちらかになります。

ID非公開

質問者2023/1/28 12:35

んー、やっぱりあっせんですか。 ありがとうございます。 あと、望む結果が欲しいとは思っていません。

そんな都合の良い方法はありません。