ID非公開

2023/1/27 8:02

33回答

至急!教育についての法的なことに関しての質問です。

政治、社会問題 | 小・中学校、高校29閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(2件)

全くの私塾でない限り、公立でも私立でも「学校法人」の認可を文部科学省から受けている以上は、文部科学省が定めた「学習指導要領」に従い教育をする義務があります。 当然教科書も文部科学省の審査を通ったものを使用しなければなりません。 ただし、この教科書を使いどのような授業を展開するかは、その授業者の創意工夫に任されています。 本当に「自由」で授業者の好きな考えで教育をしたいのならば、それは何の制約も受けない「私的な学習塾」となります。 公立学校の教員は「公務員」です。 公務員は日本国憲法に従い、関係法規を遵守する義務があります。 また私立学校の教員は、その学校が「学校法人」の認可を受けている以上、日本の法律に従い教育を行う義務が生じます。 しかし私立学校はその私学の「建学の精神」が有りますから、それに沿った教育をすることは認められています。 二つ目、 小学校・・・初等教育 中学・・・・中等教育 高校・・・・後期中等教育 の区分で、文部科学省が作成した「学習指導要領」に沿って教育を行います。それぞれの発達段階に沿っての内容が組み立てられています。

日本は法治国家です。 公立学校も私立学校も全て、日本国憲法、学校教育法、その他の教育関係法規によって、進められます。 あなた様の言われる「自由」がどのような物なのでしょうか。

教授の自由」などというものは 法体系の中には 明文化されておらず 判例でも確定されていませんよ? どこから持ち出したのでしょうか? まず、そこから出発してはいかがですか?

ID非公開

質問者2023/1/27 11:32

確かに明記はされてないけど、世間一般的には学問の自由で保証されてることの一つと言う解釈なんですが… それに旭川学テ事件の時に争点の1つもなってたし… 教授の自由ってワードで調べたら出てくるけど、一応いくつかあるうちの根拠のひとつとなるサイトがこれです。 http://consti.web.fc2.com/8shou3.html#:~:text=%E6%95%99%E6%8E%88%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%A8%E3%81%AF,%E3%81%8C%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82