ここから本文です

ブラックバスが食用にならないのはなぜですか?

kiwiifruit7622さん

2009/6/2910:04:54

ブラックバスが食用にならないのはなぜですか?

以前、料理して食べる、的なテレビ番組を見たことがありますが、利用の拡大にはつながらなかったようです。繁殖して困っているなら、食べちゃえばいいのに。また、この魚は戦後アメリカ人が、占領中の日本で、バス釣りを楽しむために持ち込んだとの説もありますが、アメリカでは増えすぎて困っているという話はないのでしょうか?ご存知の方教えてください。

閲覧数:
112,235
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hamu033さん

編集あり2009/6/2917:50:52

日本では釣り魚というイメージが定着しているからでしょう。

今から30年くらい前までは、「アメリカにはバスを釣ったら魚のファイトを称え、湖に返してあげるキャッチアンドリリースという思想がある」という、結構人間本意な美談が平気でまかり通って居ました。

リリースの方法として、「まず水に戻したバスを両手で支え、バスが自然に泳ぎ出すのを待ちましょう。」
と、本や雑誌にあたりまえに書いてあったのです。

その為、もともと日本に居なかった魚という事もあり、食べる魚というイメージが無いまま現在に至っているのだと私は思います。

「キャッチアンドリリース」と言う、当時としてはちょっとカッコ良い言葉を使ったのも一因でしょうね。

「バスはキャッチアンドリリースなんだぞ」みたいに言う子供達も沢山居ましたから。

不味いだとか臭いだとか何だとか言うのは単なる思い込みや風評、または実際食べて不味かったと言う人は、捌き方が正しくなかっただけです。バスの身は無味無臭ですから。

その証拠に「不味いみたいです」とか、「不味いって聞いた」と言う話がとても多いです。

水が多少汚くても食べられます。
例えば牛久沼のバスでも普通に食べられます。あれほどの水でもバスは臭くないです。

もちろん、釣り人側が「ここの魚は食べたくない」と言うのはあるでしょうけど。

それに「キレイな水じゃないと食べられないから、不味くてみんなが食べないんだ」と言うのが本当の理由だとしたら、芦ノ湖と富士五湖のバスは食べられますから、バス釣り発祥の関東では昔から普通に釣って来て食べる魚になっていたはずですよ。

しかし今も昔も関東でバスを食べる釣り人は、私を含め少数派です。
長年関東でバス釣りをしてる人でも、一度でも「バスを食べる為に持ち帰った事がある」と言う人の方が圧倒的に少ないでしょう。

水が今より遙かにキレイで、マリモまで住んでいた山中湖だって、今と同じで、感覚的には99.9%位のバスはキャッチアンドリリースがされてきたと思いますよ。

要するに食べられないんじゃなくて、釣り人が食べようとしていないだけです。

ま、私は他の人がバスを食べようが食べまいがどうでも良いですけど。

ナマズも同じですね。
日本のナマズは大変に美味しい魚です。

「ナマズを食べる」と言うと、釣り人も普通の人も「えっ!?」って言いますが、その昔、江戸の街はうなぎ屋よりなまず屋の方が多かったのです。

今は埼玉県の吉川市がなまずで町おこしをしていて、なまず屋さんが沢山あります。

一度イメージがついてしまうと怖いですね。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1127152321

==>
【追記】
余談だけど・・・・・

バスが持ち込まれたのは戦後って説があるんでしょうか?

絶対あり得ないです。

だって元ザウルスの則さんが教えを受けたのは、進駐軍のチャーリーって人に相模湖で教えてもらってるんですから。
その頃には相模湖にバスは普通に居たんです。

天皇云々もギルとごっちゃになってます。

赤星鉄馬氏が移植した記録は、捕獲場所から輸出尾数、日本到着時に死魚となっていた尾数、放流尾数共に記録が残っています。

赤星鉄馬って、バス釣りするなら常識的に知ってる話だと思ったんだけど・・・・
時代は変わりましたね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ブラックバス 食べる」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/7/300:48:19

うまいです!小学生の時にブラックバス釣りにハマッっていて、家で飼っていました。常に5匹程は飼っていましたね。夏になるとBBQで食べてました。 食用として広まらない理由は、、名前でしょうかね?ブラックバス・・・・もし名前が「ブラックサーモン」だったら、売れると思います。

wanidamasiさん

2009/6/3021:53:10

食べれますよ。普通に。美味しいですよ。白身で淡泊でバスと言われなければ分からないくらい。

汚い水でも住める魚なので、こんなの食えるか!ってなるんでしょうね。
それとキャッチアンドリリース。スポーツフィッシング、、という言葉に踊らされているんでしょう。

皮は確かに生臭いので、身を食べたら良いです。泥抜きなんて全く必要ないです。
まずい、食えないなんて、自分で調理した事無い人が知ったかぶりで言っているだけです。

gjdpdapagさん

編集あり2009/7/122:21:35

日本ではスポーツフィッシングの対象魚で、リリースする魚という認識が庶民の間で定着しているためバスを食べることに抵抗があるのだと思います。また、寄生虫がいるという誤った認識も追い風となっているようです。実際はそんなに寄生虫は付きません。川魚特有の生臭さが皮にありますが、しっかり調理すれば美味で、中国や東南アジアでは高級魚として扱われています。
米ではバスは在来魚であり、生態系が成立しているので増えすぎることはまずありません。逆に、米では日本やアジア諸国から輸入したコイが害魚として駆除されてます。

ikeda_611さん

2009/6/2919:23:31

ブラックバスは普通に食えますよ。
ただ、池にいるバスは臭いし、食えそうなイメージがないからじゃないでしょうか?
ぼくは食べたことがあります(川で釣った)。鱸のような味がします。
さすがに刺身はやめといたほうがいいですよ。淡水魚ですから。

black7sandさん

2009/6/2916:03:40

もともとあまり美味しい魚ではないってことです。 白身魚の好きな中国系の国では結構食べるようですが・・・
基本的の味はあまりないので料理次第ではどうとでもなるのかもしれません。
あとはあまりきれいな場所に住んでいないってこともあります。昆虫やネズミなど食べているイメージもあるかもです。
河口湖では観光の目玉として富士山湧水にペレットエサで食用養殖した料理もありましたが 美味しくないので失敗したのではないかと思います。

増えすぎで困るってことはないでしょう。生態系がありますので自然に数は限られてきます。 誰も管理していないような沼や湖でもうじゃうじゃいません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。