ここから本文です

日本円の流通量

edw4tgさん

2009/7/1116:40:45

日本円の流通量

日本と海外も含め、日本円の流通量(発行量)というのは、
すべて日銀は分かっているのでしょうか?

だとすると、ちなみに、
日本円はどのくらい発行されていて、
その量というのは、今後、増えたり減ったりするのでしょうか?

閲覧数:
18,505
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/7/1303:07:45

この話は、ちょっと信用創造という概念がわからないと、なかなか理解できないと思いますね。

たとえば、日常生活でわれわれが使っている紙幣は、一部の例外を除き日本銀行が金融機関に貸し出したものです。銀行はこれを個人や法人に貸し出すわけですが、たとえば同じ1千万円の紙幣が、

「貸し出し→預金→貸し出し→預金→貸し出し→預金→…」

と永久に繰り返すと、銀行の預金の総額が、紙幣や貨幣より圧倒的に多くなることがわかると思います。この多くなった分は信用貨幣といわれていて、多くなる現象を信用創造と呼んでいます。

つまりは、実際に作られた硬貨や紙幣の合計は、預金額にはるかに及ばないので、預金者が一斉に預金を引き出そうとする(通称取り付け騒ぎ)と、確実に足りなくなります。だからこういうときには、多くは預金引き出し制限となり、そしてまた多くが中央銀行がまた新たに紙幣を印刷します(そして大概インフレが起こります)。要するに、銀行は預金者が一定以上の預金を引き出さないことを前提にして営業されています。

もちろん、預金は常に一部が引き出されますから、銀行としては預金を引き受けると全部貸し出しせずに、一部を日本銀行の当座預金に預ける必要があります。この制度を準備預金制度などと言っています。でも、準備預金でも足りなくなることが日常的にもあります。その場合、短期金融市場を通じて日銀や他の金融機関から新たにお金を借ります。


それで本題に戻って日本円の流通量(発行量)となっても、信用貨幣や準備預金を含むかどうかなど、いろいろな統計があるわけです。

ハイパワードマネー(マネタリーベースともいう)は「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」(硬貨)+「日銀当座預金」(紙幣)です。
http://www.boj.or.jp/theme/research/stat/boj/mb/index.htm

それに対して、信用貨幣を考慮したものの中の統計の中で、マネーストック統計が頻繁に用いられます。こちらからは中央政府や金融機関の保有分が除かれています。そして、預金にもいろいろな種類があるため、M1、M2、などいろいろと定義をしています。なお従来のマネーサプライというものでは証券会社、短資会社および非居住者どがこれに入っていたようですが、マネーストック統計では除外されています。
http://www.boj.or.jp/theme/research/stat/money/ms/index.htm

(追記)ちなみに、現在の通貨制度では通貨の供給量には一応制限は特にありません。今世の中に出回っている紙幣はすべて不換紙幣です。中央銀行はやろうと思えばいくらでも紙幣を増やせます。

が、財・サービスの量がそのままであるのに通貨を増刷しまくれば、通貨の価値が下がり、インフレが起こるため、いいこととは限りません。たとえば、ジンバブエが通貨をたくさん発行すれば世界を支配できるかというとそうはなりません。通貨を増刷しまくるからあれだけハイパーインフレが起こるということです。それが度を越して今はインフレのスピードに紙幣の増刷が追いついていません。

人為的に作れない有限なもの、たとえばゴールドや銀などの保有高だけ通貨を印刷できるという仕組みもあります。こういう場合度を越した通貨増刷は行えません。

個人的には、不換紙幣は増刷すればすぐにインフレになるので、安易に信用すべきではないという考えで、ゴールドやシルバーなどの人為的に作れない資産の積極推奨派です。あんまり日本円はお金だとは思っていません。

一方、信用貨幣の量は、銀行が貸し出しをすれば増えます。だいたい個人法人がたくさん借りれば景気が良くなりますから、景気が良いときに信用貨幣が多くなり、逆に悪くなれば信用収縮が進みます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tetsuyanderさん

2009/7/1202:40:06

下の人たちはうそを書いています。だまされないように最初に書いた方は出典のニュースも大きく勘違いしています。そんな簡単に通貨量増やせません。
2番目の人は一見正しそうですが、全くでたらめです。

通貨量は常に日銀が把握しています。
日銀→統計→マネーストックの処を見てください。リアルタイムで通貨量の推移がわかります。

M2をみてください。6月末で756兆円です。

見ていただければわかるとおり増えたり減ったりします。

u7m55jxbさん

2009/7/1121:37:53

日本銀行券の発行量は日銀が把握しています。現在75兆円くらいが流通しています。でもこれはあくまで現金の話で、他に現金同等の価値のある預貯金なども取引の材料になっており(今や口座から口座への振り込みが一般的ですよね)、それを含めると1年間では現金の10倍、約700兆円くらいのお金のやりとりがなされています。
通貨の発行量は日銀が景気や金利動向などをみて毎日調整しています。現在は景気を刺激するためにどんどん通貨を市中に流し込んでおり、通貨量は増えているのですが、実際の取引は不活発なので、預貯金として眠っている状態です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

uma1950octさん

編集あり2009/7/1222:42:30

連番打ってるし発行量は、わかる。
しかし、たんすなどで死蔵分がわからないので
流通量はわからない。

どんどん増加しているという話だ。アメリカが約
3倍に増やしているので放置では60円・ドルも
切るところを国際協調で買い支えているようです。
約3倍の根拠リンク先:
http://www.gci-klug.jp/masutani/2009/03/22/004904.php
----------------------
訂正:上記は今後の話と読み直しました。

FRB通貨発行量のグラフを追補します。
http://research.stlouisfed.org/fred2/series/BASENS
このグラフから、現在は、昨年の約2倍と読み取れます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。