高1です。数学で苦手な範囲があるので、それを理解する方法を教えて欲しいです。 基本的なこともあるのですが、

数学 | 高校数学26閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(1件)

もちろん、もっと分かりやすく説明しますね! 1. 絶対値記号(|x|): 絶対値は、その数の値がどんなにプラスでもマイナスでも、常に正の値になります。例えば、|3| = 3 であり、|-3| もまた 3 です。絶対値が苦手な場合は、数の符号を無視して、絶対値を取るだけで良いことを覚えておくと良いです。 2. 場合分け: 場合分けは、問題をいくつかの場合に分けて考える方法です。例えば、x が正の場合と負の場合で問題を解く場合、それぞれの場合に合わせて式を立て、解を求めます。二次関数の定義域のように、条件によって数式が異なる場合にも場合分けが使われます。 3. 必要十分条件: 必要十分条件は、ある条件が成り立つために必要な条件と、その条件が成り立つために十分な条件を表します。例えば、「正方形であるための必要十分条件は、対辺の長さが等しいことである」といった形です。必要十分条件は、その問題の条件を理解するために役立ちます。 4. 二次関数の定義域: 二次関数の定義域は、関数が定義されている範囲を表します。例えば、y = ax^2 + bx + c のような二次関数は、x がどんな実数であっても計算できます。ただし、例外的な場合もあります。例えば、x^2 + 1/x のような式では、x ≠ 0 の制約があります。場合によっては場合分けを使って、条件に応じて解を求めることが必要です。 数学は理解が深まるまで時間がかかることもありますが、焦らずに自分のペースで学習してください。問題を解く際は、数値を具体的に使わずに代入やグラフを活用して理解を深めると良いでしょう。繰り返し練習することで徐々に上達します。