印鑑について教えてください。 実印、届出印、シャチハタなにが違うのでしょうか? どう使い分けるのかも教えてください。

役所、手続き | 一般教養82閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(2件)

まぁ、普通の銀行員でも登録すれば 実印として使えるので、 厳密に境目がある訳では無いですが、 シャチハタは、大量生産品であることと 印形が固定されていないので、 実印や銀行印には使えません。 実印と言うのは、ハンコの種類が違うのではなく 役所にその印形を登録したハンコの事で、 遺産相続や家屋の購入など、 高額だったり重要だったりする書類に使います。 偽造防止のために複雑で凝った印章のものを 実印用に作る人が多いですけどね。 書類や口座開設などは銀行印を使う事が多く、 宅配便の受け取りなど確認のための押印には、 シャチハタを使う事が多いです。

実印とは、住民登録した自治体に実印として届出をした印鑑のことです。 家の売買など高額な取引を行うときの契約書などに使われます。 届出印とは、届出をした印のことです。自治体に実印として届出したものや、各銀行に銀行印として届出したものなどがあります。 銀行印は通帳を作る時や、口座を利用する契約書類などで使います。 シャチハタは印鑑のメーカーです。 内部からインクが染み出るタイプの印鑑を開発し大ヒットさせたので、そのタイプの印鑑の代名詞としても使われます。 印鑑を使用する場面で、特に印鑑の指定がなければ使えます。