ここから本文です

普段、周りに「私って幽霊が見えるんだ」と発言してる人に質問です。

ali********さん

2009/7/2316:06:50

普段、周りに「私って幽霊が見えるんだ」と発言してる人に質問です。

私の友達に、幽霊が見える発言をする子がいるのですが、その子の心情がどうしても理解できません。
私は霊感はなく幽霊は見たことないので、幽霊の存在を肯定する事も否定する事もできません。…が
死ぬって、とっても辛い事ですよね?多くの人に共通して。
例えば私が若くして死に未練を多く残し、現世に留まったとします。
きっと、笑顔で楽しそうに毎日を過ごしている人を穏やかになんて見れないと思います。
残してしまった家族を見て、悲しみに暮れると思います。
毎日毎日「自分が生きていたら…」なんて考えて、生きてる人に嫉妬してしまうと思います。
そんな中、自分が見える人に会ったりしたら、思わず八つ当たりで(または自分の苦しみを知ってほしくて)睨み付けたり、憎悪を向けてしまう気がします。
生きて現世にいるのと、死んで現世にいるのでは、やはり心情に大きく差があると思うんです。

“見える”と言う事は、そんな哀しい、辛い思いも見える、死という苦しみを“見えない”人よりも多く味わうと言う事だと思うんです。
そうすると、「幽霊が見える」と言う事を普通の会話として話題に出すなんてとても出来ないのではないでしょういか?
少なくとも私は、死者の人に対して失礼すぎて出来ません。(だって、死んだ自分の横でそんな発言してる人がいると、私だったら絶対イラッときます。自分の目の前で、自分の噂話をされてるのと同じ状況ですから)

長くなってしまいましたが、幽霊が見える方、心情お聞かせ下さい。

閲覧数:
396
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nag********さん

編集あり2009/7/2411:44:23

あまり、うまく説明できませんが、霊がみえるわたしは、死者からのメッセージとして、とらえています。別に興味本位としてるわけでもありませんし霊によってメッセージが違いますよね・・自縛霊、浮遊霊、生霊、動物霊・・・etc...それと死がすべて苦しみとひとくくりしてしまうのは、かたよっていませんか?確かに無念な死を迎えたかたは、霊がこの世にのこることになりますが、臨終を迎えてるとき、人は、自分の人生を振り返ります。その時にあぁ色々あった人生だけど、私は幸せだったと、おもえる人生を送った人は、安らかな死を迎えられますし、そういう方の霊は成仏して、輪廻転生しますし、、、多分相談者さまのような、情念をおもちの方はきっと、死しても尚この世の存在し続けるのでしょうね・・・別にほかの方たちだって普通の会話として、言ってるわけではないですよ、だれかが、そういう会話をもっちだしてそれに答えるだけだとおもいますし、その会話をした人は、おもしろがってるわけでは、ないし、私も面白がってるわけではないから・・・・だだ、不思議と霊感のある人同士は、惹かれあうごとく、体験談になりますよ。なぜなら、同じ波長同士だから、霊同士も会話してますよ、、、どんなかたちでも、霊の方たちだって、自分が、存在したことを、生きている人たちに知らせたいだけ、なんですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mom********さん

2009/7/2720:51:02

だからこそ仲良くするんでしょう^^

私には霊力があるのでとりつかれませんが、日々幽霊と戯れています

幽霊飼ったりしています

雰囲気だけでも幽霊は動くので私はよく床にコンペイトウをばらまく雰囲気を出して食べさせています(笑

霊力が無いととりつかれますんでやるのはオススメ出来ませんが↓↓

プロフィール画像

カテゴリマスター

qwe********さん

2009/7/2608:46:42

幽霊が見えるからといって、他人の心情が慮れる人ばかりではないと思いますよ。それは幽霊に限らず、人間同士でも言えることではないでしょうか?人間同士は当然お互いのことは見えるし、話もできますよね?でも、誰もがみな相手の辛さや苦しさを理解できる人ばかりではないというのと同じです。幽霊が見えるからといって、その幽霊が苦悩に満ちた顔をしていたとしても、その辛さが共有できるわけではないんです。むしろ、苦悶の表情はとても不気味で相手の気持ちを思いやるというよりも、自分の恐怖と戦うだけで手一杯ということもあるでしょう。同情すべきは幽霊ではなく、こんな恐ろしい思いをしなくてはならない自分だと思う人もいるでしょう。死者に対して失礼だと思うよりも、こんな怖い思いをさせて、と幽霊を恨む人もいるかもしれませんよね。質問者さんが見える人の恐怖を想像できないように、死者の思いを想像できない人がいてもおかしくないと思います。見える人は聖人でも何でもなく、見える以外は普通の人間ですから、突然現れる恐怖と常に冷静に対処できるわけじゃないということを理解してあげてください。見えることそれ自体が苦しいし、常に精神的に不安定になっている人もいます。普通に日常生活を送ることができなくなって、行方不明になった人の話も聞いたことがあります。
また、幽霊も自分が死んでいることに気づいてない例も少なくないです。恨むどころか死んだことも何十年も気づかないままさ迷っているケースもありますから、そういう幽霊は生きている人と変わらない表情でしょう。

gar********さん

2009/7/2507:57:19

あなたの考える幽霊と、お友達が信じる幽霊が違うのではありませんか?

あなた自身、幽霊がどのような存在(あるいは現象)か捉えかねている状況のようですし。質問文の内容が、お友達にはすべて当てはまらないかもしれません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる