ここから本文です

経済学で使う数学の難易度は大学のレベルによってどれくらい違うか?

irs********さん

2009/7/2921:21:53

経済学で使う数学の難易度は大学のレベルによってどれくらい違うか?

経済学の授業は、数Ⅱくらいの数学はよく使うといいますが、実際は大学のレベルによって様々だと思います。実際、どれくらいのレベルの大学から、数学(特に微分・積分など数Ⅱレベル)を経済学で使うようになるのでしょうか?(私立文系、計量経済学や財政学などではない、1年で必修になっているようなミクロ・マクロ経済の基礎をやる経済学で)。端的に言えば、早慶は微分積分を使った授業を展開するのか?、所謂Fランはそれこそ本当に分数の計算からやるのか?という質問です。

閲覧数:
18,448
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nip********さん

2009/7/3001:39:44

俺、偏差値55の私立大学だが分数の計算からやるクラスもあったよ。
入学するときにテスト受けて、それで点が悪かったひとは基本の数学の授業をっとってもいいということで。
でも、その授業で微分積分までいったらしいけど。文系私立大学なんて、数学を全く勉強していない人ばっかだろ。
国立落ちだったらわかるけど、私立一本の人には、数学は全く分からないと思うよ。
3教科勉強したらうかるんだもん。

質問した人からのコメント

2009/8/4 22:34:21

みなさん回答ありがとうございます。一番回答の早かった方をすいませんがBAとさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kob********さん

2009/8/221:33:21

本来的に経済学は数理科学ですので、数学は避けて通ることができません。

ただし、その意味するところは現実生活と密着しているので、そのインプリケーション(意味)だけつかうのであれば、数学はいらないともいえます。(Fランなら、これでいいかもしれません)

さて、私は偏差値55上くらい私立大学でしたが、数学Ⅱ・Bの知識は前提にそれ以上の内容から大学の講義は始まりました。
内容的には、Logの微分と二階微分・合成関数の微分(ここまで数学Ⅲと重複)、偏微分・全微分・ラグランジュ未定乗数法(大学教養レベル)、行列・吐き出し法(一部、数学Cと重複)くらいのものだったので、理系だった私は暇でしょうがありませんでした。

経済学で必要な数学はミクロ経済学では、微分ができれば問題ありません。
微分を習得するには数列を習得していないといけないので、それはそれで必要になるのですが…

内容的には、数学Ⅲで学習することで必要な部分だけを学習して、大学レベルの微分を行うような感じだと思います。

どんな大学でも最初のミクロ経済学からもりもり数理的に講義はしないので、中級ミクロ経済学や数理経済学といった内容にならないと数理的な証明などはやらない(だろう)と思います。

もっとも、早慶のように研究者養成を大学院で本格的にやるようなところは「必修」のミクロ経済学でもそこまで踏み込むかもしれません。

マクロ経済学は、初級レベルでは方程式と数列ができれば、問題ないです。
ただし、マクロ経済学は応用・研究レベルになると、急激に様相が変わってくるので、注意が必要です。
マクロ動学や統計力学とか出てくると理解不能になります。


ということで、回答をまとめると、偏差値50以上くらいならば、最初から「数理的」な講義はしない。ただし、上級科目では使うことは多々ある。
それ以下の大学では数学をやってもほとんどゼロから始まるか、もしかすると数学はないかもしれません。

ということでどうでしょう?

arc********さん

2009/7/3017:44:26

経済がそこそこ有名な某国立大学に通っています。
必修なのかは分かりませんが、
経済学部の人達は数Ⅲレベルの微分積分や線形代数学の講義をとっています。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる