ID非公開

2023/11/14 19:56

88回答

アメリカでサッカーの人気が野球を超えたとか言っている人がいますけど、そもそもどんな調査なのか良くわかんないですし、MLB人気とMLS人気、ベースボール人気とサッカー人気をごっちゃにしていますよね。

サッカー | プロ野球609閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

ID非公開

2023/11/15 17:39

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/11/15 17:50

そうですね。例えば平均の観客動員数ならMLSはNBAを上回っていますし、見方によってはMLSが四大スポーツに食い込んでいるとも言えますね。 全て仰る通りです。そもそも人気なんていう漠然とした概念をはっきり条件付けさせずに語る時点で思慮が不足していますね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2023/12/11 21:17

その他の回答(7件)

色々なサイトで2021年に逆転と書かれていました。 これは質問の仕方にもよるでしょう。 1番好きなスポーツと聞くか、単に好きなスポーツと聞くか。 複数回答可の場合には野球は50%程度の支持はあります。 一番好きではないが、好きなスポーツではあるのでしょうね。

まあヒスパニック系の移民が爆増してるもの。

私はサッカー大好きですが、アメリカにおいてサッカー人気が野球人気を超えとは全然思ってません笑

ID非表示

2023/11/15 10:11

若者世代ではアメリカでは超えてますね。前のアンケートで野球ファンの平均年齢が57歳。今はおそらく60歳以上。 日本と同様ですかね。

ID非公開

質問者2023/11/15 14:39

それでサッカーファンの平均年齢は何歳なのでしょうか?論理的思考ができる方なら、比較せずに一方のデータだけを見て、若者世代が人気を超えているなんて結論は出せないはずです。 NPBの試合中継を見ると、スタンドはお爺さんばかりではないです。むしろ20代の若者や30~40代の子供連れが多いです。 一方のJリーグはサポーターの高齢化が叫ばれており、このままじゃ日本平の坂道を登れなくなる、なんて言葉も話題になりましたね。 野球ファン=高齢者、サッカーファン=若者、という固定観念を前提に考えてしまうと、物事の本質を見誤ってしまいそうですね。 両方のデータを出して比較して初めて結論が出せます。

2017年のデータです。 https://news.gallup.com/poll/224864/football-americans-favorite-sport-watch.aspx "What is your favorite sport to watch(あなたが観戦するのが好きなスポーツは何ですか?)"という質問で野球と答えた人は2017年12月の調査で全体の9%でした。過去の調査では最大16%でしたから人気が減少傾向にあるのは間違いなさそうです。ちなみに順位は: アメフト:37% バスケ:11% 野球:9% サッカー:7% ホッケー:4% F1/Nascar:2% テニス:2% ゴルフ、バレーボール、ボクシング、体操、モトクロス、フィギュアスケート、ロデオ:1% 陸上競技、スポーツフィッシング、水泳、レスリング、ボウリング:1%未満 その他:5% 無し:15% そして調査の回答が"None(無い)"の比率が15%、しかもこれは増加傾向にあるので、野球だけではなくスポーツ観戦そのものの人気も落ちていると推測できます。 それとこの調査の結果、18-34歳と35-54歳グループの回答はアメフト>バスケ>サッカー>野球です。55歳以上グループの回答はサッカー1%で、野球はアメフトに次ぐ2位ですから、全体ではまだ3位ですけどね。同時に、アメリカでも日本と同様で「野球ファンは高齢者中心」もまた事実であることを示しています。 2017年時点では野球が上だけど今はどうかデータはありませんでしたが、 2017年時点でのデータを基に推察すると安泰ではないですね。

画像
ID非公開

質問者2023/11/15 14:46

なるほど。根拠のあるデータありがとうございます。勉強になります。 watchが現地観戦なのかテレビ観戦なのかはよくわかりませんが。 娯楽の多様化で、そもそもスポーツに興味がない人が増えているという点も重要ですね。 日本の野球ファンが高齢者中心という点に関しては同意しかねます。 J創設以降増えたサッカーファンも順調に年齢を重ねており、一方で若者に野球ファンが少ない訳でもありません。 安泰というか抜かれるのは時間の問題でしょう。ただ、サッカー人気の上昇は、元々サッカー大好きなヒスパニック系などの移民の増加も寄与していそうです。なかなかデータは出ないでしょうが、生粋のアメリカ人がどれだけ宗旨替えしているかも気になる所です。