回答(6件)

耳に届く音楽が イヤホンならオモチャの音(^0^)

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

比較になりません。 AACは非可逆圧縮です。 元の音を再現できないので、元の音とは別の音です。 一方、24-bit / 48.0 kHzだけでは何なのか不明です。 もし可逆圧縮を意味しているのであれば、非可逆圧縮と可逆圧縮は歴然と違いがあります。 なにしろ非可逆圧縮は元の音とは違うのだから。 ただしその差を人が認識できるか否かは別問題です。 認識できない場合も多々あることでしょう。

違いはあります。しかしその違いが分かるか分からないかは別問題。 わかりもしないのに理屈ばかりをこねることは醜いと感じます。味なんてわからないのにワインを語る輩に等しい。ワインの講釈を聞けば味がよくわかるものでもない。 それに何より、いくらデータが精緻であっても、それを音に変換する装置、つまりイヤホンやスピーカーがショボければ、何を聞いても同じ。電極を脳にぶっ挿すわけにはいかないのでね。校庭のラッパ型スピーカーじゃ50年前のカセットテープもハイレゾ音源もわかりっこない。 装置次第、耳次第。 私のスピーカー、私の耳では128kbpsと256kbpsの違いもわかりません。そしてもし違いがわかったとしても気にしていません。でもあなたには分かるかもしれない。AACなんて劣悪で聞いてられないと思うかもしれません。それは否定しません。無圧縮と可逆圧縮が全然違うという人も居ます。分かる人には分かるんでしょう。 自分の耳で確かめてみるのが一番です。

bps ビット毎秒で比較すると 256kbps に対し 24bit/48kHz = 2,304kbps と10倍程度、データ量が増えます。 参考 https://leez.info/archives/2699 考え方としては、CD音質の非圧縮データ44.1kHz / 16bit = 1,411kbpsを基準として、 それを圧縮したAACやmp3は 128kbps〜最大320kbps とデータ量が少なく、音質はやや落ちます。(低音の迫力がなく音が薄いなど) しかしスマホのような機器で聴くには十分な音質であり、 また128kbpsに比べて256kbpsは2倍のデータ量があるので、128より256「高音質」の圧縮形式といえるのです。(聴き分けられる人もいる) 他方、CD音質よりも高音質の形式を「ハイレゾ」と呼んでいます。 例えば24bit/96kHzはCD音質の約3倍(96/44.1と24/16の積)のデータ量があり、オーディオ機器で聴くとダイナミックレンジも周波数レンジも広がります。ハイレゾでは余韻の消えぎわの美しさまで再現できます。(ハイビジョンTVが、大画面になっても隅々まで微細に解像しているのをイメージして下さい。) 定義上、24bit/48kbpsはハイレゾの最低レベルの形式ですが、CDより高音質とされていて、データ量も実際(48/44.1と24/16の積)大きい。 という風に、非圧縮16bit/44.1kHz=1411.2kbpsのCD音質を基準にして、 (1)そのデータを圧縮したAACやmp3 最大320kbps (2) CDよりも高音質規格のハイレゾ 24bit/48kHz = 2,304kbps以上 24bit/192kHzあたりまでが多い と分かれています。 今はサブスクで同じ曲を AAC、CD、ハイレゾ と簡単に切り替えて聴けるので、実際に聴いてみてください。

数値だけでは意味ないし 理窟では上でもきいてわかるかどうかは貴方の使用する機器等の問題 因みにAACは非可逆圧縮 24bit/48kHzは非圧縮や可逆圧縮(ロスレス)で使う数値 またAACの高音質は、非可逆圧縮の中ではという意味でしかない (320>256>192>128) 例1 CD(16bit/44.1kHzの非圧縮)を取り込むこむ場合 ①非可逆圧縮(AACやMP3など)の256kbpsのファイルにしたら 音を削る圧縮=CDより音質が劣化する ②非可逆(WAVなど)の16bit/44.1kHzのファイルだとCDと同等の音質 可逆圧縮(FLACやALACなど)の16bit/44.1kHzでも 音を削らない圧縮なので理屈上はCDと同等 ⓷非圧縮や可逆圧縮の24bit/48kHzなど数値が上のファイルにすれば 理窟上②より音がきめ細かくなったように感じるが 音がよくなったと感じるかは好み/曲によっても違ってくる筈 ⓷≧②>① 例2 同じ曲で256kbps AAC、24bit/48kHzのファイルがあったら 当然24bit/48kHzの方が上 例3 Apple Musicなら ハイレゾロスレス(最大24bit/192kHz) ≧ロスレス(最大24bit/48kHz)>通常(256kbps AAC) 例4 256kbps AACの音源を Aiplay(最大24bit/48kHzのロスレス)を使って鳴らしても 非可逆圧縮で失われた音が復活するわかけではない =256kbps AACの音質のまま