古墳について質問です 古墳にはいろいろな形がありますが、我々が古墳を語るとき 常に上空から俯瞰した古墳をまず第一に思い浮かべます

日本史 | 歴史112閲覧

ベストアンサー

画像

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いろいろありがとうございました

お礼日時:2023/11/30 5:25

その他の回答(2件)

今でこそ、木が生い茂り 山なのか、岡なのか、高台なのか訳が分かりませんが、 築造時には石葺きして円筒埴輪が整然と並び、陽を浴びると白く輝く。 まさにピラミッド並みの威容です。 夜間にこの円筒埴輪に明りが入ればさぞかし幻想的でしょうね。 難波津から「何かしら見える」大和川河口から上り始め「巨大な建造物」を通り過ぎ、畿内へ入る際に法隆寺の建造物群が見える。 海外から来る連中に、嫌でも目に入る巨大建造物。 全部セットで国家の威信を具現していたと思います。

大仙陵古墳(伝仁徳天皇陵)のように完成された巨大古墳だけを見るから、そんなふうに感じるのでしょう。 でも初期の古墳は小さく、形も不整形です。百年単位の技術的な進化の結果が、たとえば百舌鳥古墳群のような均斉のとれた巨大前方後円墳なのです。 神様とか宇宙人とかは、関係ないです。