ID非公開

2023/11/26 10:21

44回答

確定申告一時所得の申告時期について 母が11月下旬に亡くなり死亡保険金を2社より受け取ります。

税金 | 生命保険121閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/11/30 13:58

ご回答ありがとうございます。 添付いただいた死亡保険金課税関係表から、AABとなるので課税は相続税の対象と理解出来ました。大変参考になりありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 確定申告が必要と考えて悩んでおりましたが、一括して対象となることや国税の種類から相続税の対象と理解出来ました。助かりました。

お礼日時:2023/12/3 14:56

その他の回答(3件)

質問者が保険料を支払い、 質問者が死亡保険金を受け取るなら 一時所得 となるのだが 質問者が保険料を払ったの? 質問者が保険料を払った、として 課税は 実際に受け取るタイミングではなく 権利発生時点で対象となるため 年を跨いで受け取ったとしても どちらも今年の所得として 来年の確定申告の対象となる 所得税基本通達36-13 (一時所得の総収入金額の収入すべき時期) 36-13 一時所得の総収入金額の収入すべき時期は、その支払を受けた日によるものとする。ただし、その支払を受けるべき金額がその日前に支払者から通知されているものについては、当該通知を受けた日により、令第183条第2項《生命保険契約等に基づく一時金に係る一時所得の金額の計算》に規定する生命保険契約等に基づく一時金又は令第184条第4項《損害保険契約等に基づく満期返戻金等》に規定する損害保険契約等に基づく満期返戻金等のようなものについては、その支払を受けるべき事実が生じた日による。(平11課所4-1改正)

ID非公開

質問者2023/11/30 13:52

ご回答ありがとうございます。 一時所得と思い込んでいましたが、ご指摘から保険金を支払っていたのは母で、受取が私なので相続税の対象ということが分かりました。 課税の年度もそろえなければならないことを教えていただいてありがとうございました。

どちらも11月で判断されるので、今年の分だけに控除を利用出来ると思って下さい。

ID非公開

質問者2023/11/30 13:53

ご回答ありがとうございます。 課税時期について、明確なご回答ありがとうございました。

入金の時期は無関係。 権利の確定した時点での収入となります。