その他の回答(3件)

官房長官は内閣のナンバー2とも言える任務で、スポークスマンとしての役割ばかりでなく、内閣の意見とりまとめ、調整役で全般に精通していないと果たせない任務。 一年生議員では到底ムリ。 単に読むだけの任務なら、アナウンサー上がりの議員で済ませられるものの、記者からの質問には答えられずしどろもどろになるのがオチ。

原稿読むだけではなく 読んだあとにマスコミからの質問を受けるわけです 質疑のキャッチボールを繰り返したり いなして煙に巻くということも時には必要なわけです 一年生議員がそれを全くできないとは言いませんが ある程度の政治議論の経験がないと難しいでしょうね

議員としての経験と知識は、内閣官房長官の仕事を理解し、効果的に遂行するのに有益です。ただし、技術的には不可能ではありません。初年度議員が任命されることは稀ですが、それはその議員の能力や、周囲で起こっている特定の事情によります。重要なのは適切なリーダーシップとコミュニケーション能力を持つことで、それは経験の年数だけではなく、個々の素質や熱意によるところが大きいです。 ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性を保証するものではありません。

新機能

AI回答機能(GPT-4版)テスト実施中

詳しくはこちらから