人が亡くなった時、遺産は基本的には配偶者と子がまず第一にあるのですが、配偶者も子もいない場合、親・兄弟・(兄弟が死去している場合その子)に遺産が行くと云う大雑把な大前提の上で、

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(2件)

ID非公開

2023/12/3 15:52

Q1 弟に相続権が残ります。 もし特別養子縁組すれば生みの親と完全に断ち切りますが。 Q2 養子先に相続は継がれません。

Q1 実親の養子は兄弟と同等です。弟の妻が親の養子なら長男の相続において相続権を持ちます。ただ、両親が生きているうちに養子になったなら全血のきょうだいとして他のきょうだいと同等の法定相続割合となりますが、片方が亡くなられたあとなら半血のきょうだい(父か母しか同じじゃないきょうだい)として、全血のきょうだいの半分の権利を持ちます。例えば今回の関係で片親だけと養子縁組をしていた場合、弟:妹:弟嫁=2:2:1となります。 Q2 弟が先に亡くなっていた場合、弟の子が代襲相続人になります。シンプルに考えればいいです。 弟の配偶者も先に亡くなっていれば、弟の子は弟の代襲相続人と弟嫁の代襲相続人を重複します。弟嫁が全血のきょうだいの場合、弟の子が1人であればその方が3分の2、妹が3分の1となります。