ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2023/12/6 21:01

その他の回答(9件)

防火の為。一般家庭にないのは木が大きくなるので、植える場所がない。ただし、愛知県などのぎんなんの産地では植えている家もある。

大昔の話に為りますが・・銀杏の木は水分が多いので、大火の際や延焼しそうな時には、火の手から建物を防いでくれる役割が在ったのです。

それなら、神社なども、杉ではなく銀杏でもよいのでは。 あと、一般の家屋には、銀杏をあまり植えないですよね。

銀杏の木が,防風林の役目をするから 植えたものです.そのほか杉の木も同じです. そうした木々は,お寺の建物を強風から守って いるのです.