ID非公開

2023/12/7 13:46

55回答

喫煙者って批判されると、酒癖が悪い方が迷惑だとか言って酒に矛先を逸らせたがりますが、酒癖が悪い人って大抵喫煙者じゃないですか? 酒飲みの喫煙家率は高いですよね。

1人が共感しています

ベストアンサー

ID非表示

2023/12/7 13:56

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非表示

2023/12/7 15:08

酒の方が遥かに危険な薬物であるのは間違いない。酒は人を変えますからね。 ↑無知の出鱈目でしょう。医学的にはタバコですよ。 法律(毒物及び劇物取締法)に於いては、タバコに含まれるニコチンは法定毒物、アルコール(飲料用)は毒物にも劇物にも該当しません。

その他の回答(4件)

>酒癖が悪い人って大抵喫煙者じゃないですか? それは質問者さんの個人的な偏見でしょう。 実際は「普段は好青年だが、酒が入ると豹変する」など、その人の持つイメージとは全く関係ないのが、酒癖の悪い人の特徴になります。 嫌煙者は「タバコは薬物ガー!」などと大騒ぎしますが、酒の方が遥かに危険な薬物であるのは間違いない。酒は人を変えますからね。

ID非公開

質問者2023/12/7 15:03

酒癖が悪いのは酒飲みのうちの数割 しかしタバコは吸うだけで周囲の人に健康被害や不快感を撒き散らします なのでタバコの方が迷惑です

非喫煙者の飲酒率の方が高いでしょうね。 喫煙者って2割くらいですからね。 んで <<酒癖が悪い方が迷惑だとか言って酒に矛先を逸らせたがりますが>>- って事ですけど そうじゃなくてその迷惑とか健康とかの理由は同じはずなのに タバコだけに批判の矛先を向けてるのが嫌煙者なんですよね。 だから迷惑とか健康とかが理由なんじゃなくて タバコが個人的に嫌いってだけで 後付けでそういう理由付けしてるだけだから喫煙者からそこ突かれてぐうの音も出ないんだよね

ID非公開

質問者2023/12/7 14:09

酒飲みうち酒癖が悪く他人に迷惑をかけるのは全体の数割ですが、喫煙者は喫煙するだけで周りに健康被害と不快感を与えるので同じではないですよ。