ここから本文です

サウナに入った後って疲れますが、運動効果あるんでしょうか? サウナに入ると...

ben********さん

2009/8/1208:32:57

サウナに入った後って疲れますが、運動効果あるんでしょうか?

サウナに入るとどういう効果あるんでしょうか?

閲覧数:
17,857
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/8/1214:50:00

サウナは基本的に熱気浴と呼ばれる入浴です。熱気により血流を促進して
代謝を良くします。プラス熱気による体温上昇により発汗作用もあるので
血流上昇と発汗によりぐったりと疲れるということです。
運動効果というよりは発汗による脂肪燃焼の方があるかと思います。
いずれにしても入る前に水分を取ればより効果的ですよ!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rak********さん

2009/8/1318:57:44

汗をいっぱいかいて気分すっきり、のサウナ浴。大量の汗をかくことにより、皮膚、汗腺、皮脂腺から汚れや余分な脂肪が洗い流され、毛穴がすっきりしてくるという効果がありるのです。そのほかにもいろいろな利点があるサウナですが、注意をしなくてはいけないこともたくさんあります。今回はサウナの効果と注意点を検証してみましょう。

血液の流れがスムーズになる

サウナに入ると、温熱作用によって手足、皮膚などの末梢血管が広がって血行がよくなります。また、入浴後に冷水浴をすることによって、血管の拡張と収縮が繰り返され、自律神経が刺激を受けて、血管の柔軟性が鍛えられます。そのため、慢性のリウマチ性関節炎や、自律神経失調、更年期障害にも効果があるといわれています。

しかし日本のサウナは熱すぎる

日本のサウナは、だいたいが100℃前後の室温で、これはサウナの本場、北欧の80℃程度の室温に比べて、だいぶ高いものです。
100℃以上のサウナは、健康な人にとっては交感神経を刺激し、眠気を吹き飛ばし、気分を高揚させる力があるのですが、急激な血圧の上昇や心拍数の増加のため、高齢者や心・循環器系疾患を持っている人には危険です。
80℃以下なら、発汗量はあまり変わりませんが、副交感神経の働きが活発化するので、リラックスし、よく眠れるようになるのです。
自分でサウナの温度を上げ下げするのは無理でしょうから、温度の低い下段に座るなどして工夫してみましょう。

冷水浴は控えめに

実は、日本人は冷水には生理的に弱く、10℃くらいの水温でも平気で海水浴をする西欧の人の真似は、しようと思っても出来ないものです。特に、動脈硬化や高血圧を抱えている40代以上の方には危険が伴います。
ですから、冷水浴の水温は25~30℃程度が適当。水温が低いなと感じたら、手先、足先に水をかけるだけでも十分効果があるものです。

サウナダイエットは×

サウナでは水分が蒸発するだけで、体脂肪は燃えません。ですから、サウナでやせたと思っても、入浴後に水分を補給したら、体重はすぐにもとに戻ります。では水分を補給しなければいいのか、と思うのはまちがい。水分摂取を怠ると、いわゆる脱水症状を起こし、血液ドロドロの状態になって、血栓ができやすくなってしまいます。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる