なりすましアドレスのネットワーク攻撃について

なりすましアドレスのネットワーク攻撃について カスペルスキーを使用しているのですが ちょっとした手違いでファイヤーウォールをオンにしていませんでした するとなりすましアドレスで攻撃されたので カスペルスキーでHDDを完全スキャン(マルウェアなどは検知されませんでした)をしたあと windowsをアップデート(自動更新になっていますが念のためやってみました) 次にカスペルスキーを更新 最後にまたカスペルスキーで完全スキャン(このときも異常なし) これで安心かと思ったら画像のようなものが表示されました 1434への攻撃を遮断しましたの後にネットワーク攻撃を遮断できませんと表示されます やはり攻撃をうけているのでしょうか? 対処方法があれば教えてくださいお願いします

画像

ウイルス対策、セキュリティ対策3,953閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

ポート1434ですね。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419948234 crara6さんの回答が詳細記載されていて秀逸です。 攻撃を受けているのですが、カスペルスキーが適切に防御している状態です。 この攻撃そのものは脆弱性の残っているSQL Serverへの攻撃のため、あなたのPCではほぼ100%影響はありません。 ただ、現在のままでもカスペのファイアウォールが攻撃を防いでくれていますが、より安全性を高めるためにはモデムとPCの間に「ルーター」を介してインターネットへの接続を行ったほうがいいでしょう。 (ルーターは、簡易的なハードウェアファイアウォールの役割を果たします。) 有線ルーターであれば、安いモノで5千円以下で購入できます。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ずっと不安だったので助かりました本当にありがとうございます それにとても勉強になりました ルーターてそんな機能があったんですね

お礼日時:2009/9/1 20:58