ここから本文です

猫が避妊手術後死んでしまいました。室内飼いをしていた生後5ヶ月の猫(メス)が手術...

aloo_020さん

2009/9/1520:26:38

猫が避妊手術後死んでしまいました。室内飼いをしていた生後5ヶ月の猫(メス)が手術の3日後に呼吸がおかしくなり、その日のうちに死んでしまいました。避妊手術自体は成功だったとの事です。意見を聞かせてください。

猫が避妊手術後死んでしまいました。以下のようなことはよくあるのでしょうか?
室内飼いをしていた生後5ヶ月の元野良猫(メス)が、避妊手術の後からほとんど何も食べなくなり、3日後の朝に息が非常に荒くなっている&体が冷たいことに気づき、すぐさま病院に駆け込みました。
医師は、レントゲンでも心電図でも、わからないと言いました。体温は低すぎて危険な状態とのこと。しかしとにかく、避妊手術によってこうなったのではないと言われました。栄養剤を打ってもらって、様子を見ることにしましょう、と帰されました。
その後夕方になっても呼吸が荒かったため、家族がもう一度病院に連れて行き、とにかく治してほしいということで、預けました。
そして11時30分ごろ、病院から「処置をしていたところ容態が急変した。危ないかもしれない。」と電話があり、急いで向かったのですが、間に合いませんでした。
簡単に言うと、胸にたまった水を抜いたり何かを調べたりといった処置をしていたところ、胃液をたくさん吐いてぐったりとなったようです。(たくさん説明してもらったのですが私も動転していたのでこの辺は記憶が曖昧です。)
調べてもらったところ白血病、フィラリア、エイズなどの要素は無かったとのことで、もっとマイナーな肺なんとか、とかDI?だかAD?(これも調べても全くわからないのですが、アルファベット3文字)、といった要素があって、手術で体力が落ちた結果そういうのが強く出たという可能性があるかも、といったことを言われました。

以上が事の経過です。私はその後、ネットで猫の避妊手術のリスクについてや突然死について色々調べてみたのですが、あまり良くわかりませんでした。
ただ、生後5ヶ月での手術は早いみたいですね。その時期の設定は医師が数ヶ月前に提案したものです。後、うちの猫は発情が始まりかけていたとの事でした。猫の体型は痩せ型でした。
特に何を質問したいというわけでもないのですが、このような出来事に対し皆さんのご意見をお聞かせください。

補足皆さんありがとうございます。ベストアンサー決定はもう少し待って下さい。説明不足な点が多々ありすみません。麻酔の問題はないと言われました。血液は調べたそうですが、どこまでの精度のものかわかりません。検死を諦めた時点で原因の追及は諦めました。ただ私自身責任を強く感じており、もしいくつか可能性があるとして、それらを事前に防ぐ(可能ならば)方法としてはどんなものがあったかといったご意見があれば教えて下さい。

閲覧数:
357,995
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yunrijpさん

2009/9/1521:05:21

手術をするまでは元気だったのに、とてもショックだし悲しすぎますね。
私の場合ですが、発情真っ最中にとても痩せている仔を保護して手術したことがありますが無事です。
メスでも当日泊らせずに帰宅させる主義の先生なので、麻酔でふらふら状態で帰されますが、次の日からケロッとしています。
手術の前に血が固まりにくいなどの検査をします。それはありましたか?
手術前に熱があったり、何かしらの体調不良がないと判断して手術を行ったわけですよね?それなのにこんなことになって納得いきませんね。
私の知り合いの猫ですが、手術中に心臓と呼吸が止まってしまったと言うケースがあります。先生もとても慌てたそうです。手術を受ける前に飼い主が出血があった事実を隠して手術させたことが原因だったようですが、何とか助かり元気にしています。
他の知り合いのケースですが、手術の後に急変して亡くなってしまったりする場合、診察・治療代がとても安くなったりするそうです。そのような場合は何かしらの手落ちがあったと判断できます。
知り合いに獣医の奥さんがいるのですが、今の最先端の猫の避妊として、生後2カ月くらいで行うことがあるそうです。その方が猫にとっても負担が少ないそうで、海外では一般になっているそうです。そう考えても5か月で手術したことは決して亡くなる原因ではないと思います。
今となっては原因が分かっても仕方ありませんが、飼い主の方も手術できる状態だと思って預けたわけで、獣医さんが無理やりしたものではないと言うことも考え、またその後の処置も夜遅くにしてくださっている状況から見ても、先生に誠意があるように思います。とても残念な悲しい出来事ですが、手術に耐えられない体だったと思って、心穏やかに猫ちゃんの思い出を大切にお過ごしください。

質問した人からのコメント

2009/9/21 23:27:48

皆さん大変ありがとうございました。とても参考になりました。これからは残された猫たちを彼女の分まで大切にしていきます。

「猫 避妊手術」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/9/1611:28:24

獣医師です。可能性としては①麻酔との相性が悪かった②使った糸との相性が悪かった③使った抗菌剤や鎮痛剤の相性が悪かった④止血不全⑤感染による腹膜炎⑥手術によるDIC などが考えられます。獣医師のミスを争点にするなら、病理解剖して出血や感染を証明する必要があると思います。薬剤によるアレルギーは、使用量が適切なら責任は問えないと思います

2009/9/1520:58:58

麻酔前検査はされましたか?

どの獣医師にとっても、どんな手術よりも数をこなしているのが不妊手術です。
なので、よほど腕の悪い獣医師でなければ、手術ミスということはないと思います。

可能性があるのは、麻酔によるアレルギー、麻酔中の嘔吐による誤嚥性肺炎などです。
術後3日後に、肺炎が悪化して亡くなったネコもいます。

そういった事故を防ぐためにも、術前検査はとても重要になってきます。
それを獣医師が確実に行っていたか、が大きな鍵かと思います。
この検査によって、それまで隠れていた病気が見つかることもあります。



死因は、検死解剖しなければ正しいことは獣医師にもわかりません。
ですが、この検死をするのためには、すべての臓器をあらゆる機関で検査しなければならず、費用にして20万以上するそうです。
なので、一般的にそこまでして死因を調べる獣医師はいないと思います。


何がどこで間違ってしまったのか。
それはわかりません。
生後5ヶ月で不妊手術をしたからといって、問題なくピンピン生きている子もたくさんいますし、1歳で手術をして亡くなってしまう子もいるでしょう。


本気で死因を調べたいなら、上記の方法はあります。
それによって、もしかしたら、主治医の判断ミスなど原因が明らかになるかも知れません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。