ここから本文です

生命保険見直しを検討中。放射線治療に対する保障で、疑問をもちました。どの会社...

kyo********さん

2009/9/1709:15:10

生命保険見直しを検討中。放射線治療に対する保障で、疑問をもちました。どの会社も1照射50グレイ以下・60日に一度という限度が多いですが、実際の治療はどの程度でしょうか?

追記:ある保険会社に尋ねると、担当の方が医療行為に関しては専門ではないのでわからないと言われました。使えない保険なら意味がないと思うので、実際給付請求をした方などの意見を伺いたいと思います。

補足50グレイ以下→50グレイ以上に訂正します。

閲覧数:
1,224
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jap********さん

2009/9/1715:16:39

通常入院などの特約や医療保険などで入院、手術の際の給付金について仰るように手術でも無いのに放射線照射で入院日額の
10倍は何故払われるかという疑問もあるでしょう。簡単に言えばむかし放射線照射はある意味先進医療だったのです。
またラドやグレイという単位についてはがんなどの発症部位やその深さ等で人の体に浴びる限度です。これ以上は
命に関わる場合もあるのです。当然その分手術同様に体にダメージをも与える諸刃の刃でもあります。これらの給付が使える
使えないはそれだけの特約は存在していません。大抵の医療保険には支払事由としての放射線療法も支払うということになって
います。また60日に1度給付も実際にはほぼ無いに等しい限度と思って間違いありません。ですので1度の照射で50グレイを
浴びると火傷や粘膜乖離等の弊害が起きるために週何度、合算して1ヶ月○グレイなどを一つの区切りとして治療をするようです。
つまりあるレベルの放射線を照射して患部がどうなるかによって今後の治療を決めるためにケースバイケースです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる