学資保険…たくさんあってどこのがいいか悩んでます。 郵便局、農協、日本生命、ソニー生命、それぞれの特徴わかる方教えてください! オススメはありますか?

学資保険…たくさんあってどこのがいいか悩んでます。 郵便局、農協、日本生命、ソニー生命、それぞれの特徴わかる方教えてください! オススメはありますか?

生命保険2,166閲覧

ベストアンサー

0

こんばんは、元郵便局員で現在は代理店をしております。 さて、学資保険の考え方については既に回答されていますので、会社別の特徴を述べたいと思います。 >郵便局、農協、日本生命、ソニー生命、それぞれの特徴わかる方教えてください! 郵便局 学資保険 15歳、18歳、22歳から選べる 18歳、22歳は途中でお金が受取れる生存金つきを選択できる。 さらに、育英年金を付加した育英年金つきも15歳、18歳、22歳から選べるようになっている。 ※保険契約者が死亡等されたときは、一定の場合を除いて、その後の保険料は払込免除となります。(学資保険は共通なので以下は省略) 農協 ≪えがお(共済金割増支払特則付)≫ 18歳、22歳を選択できる 養育年金(郵便局の育英年金と同じ)を付加することもできる。 ・3歳・6歳・12歳・15歳・18歳に一時金を受取れる。 共済金割増支払特則付きであれば、お子さまに万一(死亡)または第1級後遺障害状態・重度要介護状態のとき、年齢に応じて共済金を割増して受取れる。 日本生命 18歳満期と22歳満期 4歳・6歳・12歳・15歳・18歳で一時金を受取れる。 育英年金つきも18歳、22歳から選べる ソニー生命 17歳・18歳・20歳・22歳満期 早行きの子供の場合や加入時期により18歳の誕生日を迎える前に学資保険が必要になる場合があるので17歳満期が設けられている 12歳・15歳・18歳で一時金を受取れる。 子死亡の場合は、払込保険料相当額を返還して終了となる。 >オススメはありますか 現在の選択肢であれば、ソニー生命でしょう、同じようなタイプでは、アフラックも同じようなタイプの保険があります。 学資として考えるのであれば、ソニー生命かアフラックがベターだと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一時金の年齢の比較ありがとうございます☆ わかりやすかったですo(^-^)o

お礼日時:2009/10/8 11:15

その他の回答(2件)

0

まず教育資金で積み立てで保険を利用するメリットは、積み立てながらご主人にもしものことがあっても学資保険なら以後の積み立て保険料免除で満期金は全額もらえます。 デメリットは今利率が良くない上18年間固定利率なので銀行などの他に預けるより増えません。親の生命保険の死亡保障額が生活費+教育資金まで賄っているなら学資保険加入の必要はありません。 将来の教育費を参考に目標積立金の計画をお立てになられるといいと思います ・・・・・・・・・・入学費・・年間教育費(/年)・学外活動費 幼稚園(公立)・・10万円・・・25万円・14万円 幼稚園(私立)・・10万円・・・50万円・14万円 小学校(公立)・・10万円・・・30万円・24万円 小学校(私立)・・30万円・・120万円・24万円 中学校(公立)・・10万円・・・45万円・31万円 中学校(私立)・・30万円・・125万円・31万円 高等学校(公立)20万円・・・50万円・26万円 高等学校(私立)40万円・・105万円・26万円 大学(国公立)・・30万円・・・50万円 大学(私立文系)30万円・・・90万円 大学(私立理系)110万円・120万円 大学(私立医科)200万円・370万円 このような感じです。 仮に公立で幼稚園から文系大学までだと約820万円 オール私立だと約2060万円かかります この中でも一番お金がかかるのは大学です。月1万ずつ貯金しても年12万×18年=216万円しか貯まりません 大学2年分位ですね。倍の月2万円で大学文系4年分くらいになります お子さまの教育資金対策ですが、お住まいの市町村役場から児童手当(3歳になるまでは月1万円、3歳から12歳までは月5000円)支給されています。それを教育資金として有効に使えば幾分か楽になると思います ちなみに学資保険ですが、貯蓄重視18歳一括ならソニー生命の学資保険(18歳一括満期型で110%程度)が今のところ一番利回りがいいと思います。ただし総額戻り率ならアフラックの学資保険は高校進学時、大学時4年間毎年支給方式ですがソニーよりさらに返戻率が良いです 医療保障付の学資保険は戻り率が悪いですし、医療といっても共済の子供プランより保障内容も劣ります。 医療までご検討なら貯蓄と医療保障別々にご検討された方が良いと思います。 その他にご主人の保障を兼ねて低解約返戻金型定期保険を利用して保障を重視しながら増やす方法もあります 東京海上日動あんしん生命の長割り定期保険 あいおい生命の低解約返戻金型定期保険 を利用しご主人の死亡保障を兼ねながら積立てることができます。15年払い18年解約で115%前後得られます また両保険ともクレジットカード払いができるので(あいおい生命は月払いのみ可能)、仮に月1万円ずつでも200万円くらいの支払いになり、200万円分のクレジットカードのポイント、マイルが得られます。 低解約返戻金型「終身保険」を良く勧められることがありますが低解約返戻金型「定期保険」よりも戻り率が悪いのに、販売員にとって終身の方が定期より手数料が5倍違うので終身保険を勧めらることが多いです。絶対定期保険で設計してもらってください 低解約返戻金型定期保険を利用すると、ご主人がもしものときはその時に死亡保険金として積み立て目標金額の約1.7倍ほどの金額が支払われます。学資保険なら満期が来ると保険は終了して現金化されますが、後者の場合、予定していたお金が必要なくなった(特待生で授業料免除など)場合はそのまま預け続けることで増えていきますし、結婚資金など後々まで預けて置けます。(保障も維持しつつ) 注意点は支払期間中は解約返戻金がかなり少なく設定されるので途中で解約しないと言う前提での加入となります。 参考までに子供の医療について 学資保険で子供の医療も含むと積立利率が良くないです。保障も満期で消滅してしまいます 質問主さんの住んでいる市町村では乳幼児・児童医療費助成制度があると思います 市町村によって異なりますが0歳から小学校入学まで(地域によっては中学校3年まで)医療費助成している市町村があります。それを利用すれば健保の自己負担分をほぼ助成してくれますのでほとんどの医療費カバーできると思います あと健保でカバーできない分(薬の容器代、特定療養費、差額ベッド代、シーツ代、親が介助にかかわる諸雑費や交通費など)を貯蓄でカバーするのか、子供保険に加入してカバーするのかをご検討いただければよろしいかと思います もしその辺りを保険などでカバーするならこくみん共済、都道府県民共済、coop共済の子供プラン日額5000円プランで月900-1000円で済みます。また年度末には還付金も発生することがありますから、学資保険と別々に入った方がお得です また終身保障を希望するならアフラック、損保ジャパンひまわり生命の医療保険は0歳から入れます ご参考になれば幸いです

0

学資保険については多くの方が 質問されてますので その回答を参考になさってはいかがですか? あと学資保険ではなくて終身保険ですが 最近いいなーと思ったのはあんしん生命の長割り終身です。 貯蓄性のある商品なので 払い込みを15年にして子供が17か18歳で解約して そのお金を進学資金に充てるという方法です。 戻り110%くらいだったと思います。 払い込みを短くすればさらに貯まります。 学資保険だと満期になれば支払われますが 長割りは終身なのでそのまま続けることが出来ます。 進学時に手元に十分な貯蓄があればそのまま続けて増やして 結婚資金とかに回すことも出来ます。