ここから本文です

医療職者の方、お願いします! 骨髄移植後に起こるGVHD(移植片対宿主病)の...

a4n********さん

2009/10/720:09:40

医療職者の方、お願いします!
骨髄移植後に起こるGVHD(移植片対宿主病)の病態生理(メカニズム)について教えてください!
お願いします!

閲覧数:
924
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

編集あり2009/10/1318:27:02

簡単にいうと、拒絶反応のようなものです。
ドナーの造血幹細胞がレシピエントに生着すると、レシピエントの体内では、新たにドナーの白血球が作られます。
今までとは違う白血球なので、それを異物だと認識すると、自分自身を守ろうとして新しい白血球を攻撃し(免疫反応)、様々な症状を引き起こします。
これをGVHDといいます。
移植後100日以内におこるものを急性GVHDといい、主に皮膚症状(発赤、びらん、水疱等)、下痢、肝機能障害がみられます。
移植後100日を過ぎると慢性GVHDといい、皮膚症状、口内炎、肝機能障害、肺障害、ドライアイなど、様々です。数ヶ月から、場合によっては死ぬまでその症状が続くこともあります。
ドナーとレシピエントのHLAが不一致であると、GVHDは強く出ます。

GVHDはドナーにとって悪い影響を及ぼすことをいいますが、逆に、拒絶反応によって良い影響を及ぼすこともあります。
これをGVL効果といいます。
移植後にドナーの体内に残存しているがん細胞に対しても拒絶反応が起こり、攻撃します。
これによって白血病等の再発を防いでくれる可能性があります。

GVHDもGVL効果も、起こるメカニズムは同じです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sat********さん

2009/10/720:14:28

医療職ですが、難しすぎるのと、膨大な量になるためご説明できません。
申しわけありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる