ここから本文です

これは唯授一人血脈相承を批判するものですが:一器の水が次の一器に一滴も漏れる...

goz********さん

2009/10/1513:07:20

これは唯授一人血脈相承を批判するものですが:一器の水が次の一器に一滴も漏れることなく伝えられるように、一人の〝法主〟から次の〝法主〟へ、誰も知り得ない秘密の教えが受け継がれるとする日蓮正宗の現実離れし

た教義。この妙な幻想に根ざす「血脈」という言葉のゆえに、さまざまな邪義、迷信が日蓮正宗内に横行し、衣の権威をもって民衆の信仰心が左右されるという愚が公然とおこなわれてきたのである。:地涌というから学会の方でしょうか、しかし宗教は誰も知らない神秘の世界があるほうが面白いですよね。建物で驚かせ、教義が神秘、法主が偉くて、うやむやな部分も長い歴史が深深の法門としてくれる。ほとんどの宗教にたようなものではないでしょうか。

補足学会は血脈は切れているという、正信会や顕正会と同じ立場をとっていますが、きちんとした説明ができないままだという。口伝ですからね。法主=日蓮聖人(仏)の代理と言う解釈でいいですね。秘儀があり、正宗はそれが売りですよね。

閲覧数:
260
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/10/2011:12:59

宗教にカリスマ性・神秘性は不可欠の条件と言っても過言ではないでしょう。
能楽の大成者である世阿弥も『風姿花伝』で「秘すれば花」と言ってますしね。
ところで佛教の開祖と言われる釈尊は、その最後の旅路の中で、弟子のアーナンダに対して「私は求められるが儘に、全ての教えを説いてきた。私に『教師の握り拳』は存在しない」と語っています。
当時のインドのバラモン達は自分の子供や、最も優秀な弟子に秘法密法を相伝すると言うことを当たり前のように行い、バラモン階級の優位性を守っていましたが、釈尊はこの立場を明確に否定したわけです。
佛教も大乗佛教の時代になると、数多の教団の中に奥義を秘匿する習慣が出来、後期になると本格的にタントリズムを多く取り入れて「密教化」の道を辿ることになるのですが、大乗佛教は比較的早い段階から「陀羅尼」という呪句を教えに取り入れており、それは『般若心経』にも『法華経』にも確認できます。

補足への回答。その通りです。「血脈相承」とったら日蓮正宗は消えてなくなります。
その思想は中国佛教にも影響を与え日本の佛教にも伝えられていますから、当然、日本の佛教諸宗派にも見られます。
釈尊は宗教を創始したのではなく「理法」と説いたのですが、後代の弟子達が彼の教説をもとに「佛教」という宗教を立ち上げたわけです。
日蓮正宗が「唯授一人血脈相承」なる「金口嫡嫡」の秘法密法を主張した背景には、外に広まらない閉鎖的・独善的な教団の常套手段として、『二箇相承』と言う相伝書まで偽作して弱小教団の存続を諮った涙ぐましい努力の跡が伺えます。
この教団は創価学会の出現までは「針金教団」と揶揄されるくらいの取るに足らない教団だったのですが、多くの信徒を有するようになると大石寺の歴代住職達は一種の「自我肥大」に陥り「衣の権威をもって民衆の信仰心が左右されると言う愚が公然と行われてきたのである」というわけです。
なるほど、宗教には程度の差こそあれ一種の神秘化は付物ですが、日蓮正宗の困った点は、その「血脈相承」なるものを以って他宗教を全て「邪宗教」と決め付け、佛教学に於ける最新の研究成果をも一顧だにせず、その教条主義は妙観講の如き過激な信徒集団を生み出し社会に実害を及ぼしているところにあると言えるでしょう。

追伸。後発回答者の方はよく勉強されています。日郷が奉持したのは『万年救護の本尊』ではなかったかな?
現在でも千葉県の富士門流の名刹、保田妙本寺にあります。
(本門戒壇本尊偽作については保田妙本寺も北山本門寺も同意見ですね。大石寺は御裳裾寂しいお寺さんですね)

日尊上人の御心境は御本人のみぞ知るところでしょうが、鎌倉幕府が倒れて政治の中心が京都に戻ったので、嘗て日蓮聖人が鎌倉で布教されたのにひそみ、日本の中心で布教しようと思われたのかも知れませんね。
いずれにせよ、大石寺に帰らなくて良かったですね。
さすがは行動力抜群の方らしいですね。

追伸。その通りです。血脈相承を除いたら日蓮正宗の存立根拠が無くなります。
いいんじゃないですか。
こんな宗門も有ったって。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ich********さん

編集あり2009/10/2010:38:40

一般に説明できないことというか、信心のない輩に説明したってわからないのです。
よく裁判で血脈相承を証明しろといって、公開できないことをわかっててそのように仕向けるのが、学会や正信会の常套手段ですが、それを以って証明できないからいい加減でインチキだというのがおかしいのです。

正宗はそれが売りというか、本門戒壇の大御本尊と唯授一人血脈相承が宗旨の根幹であり宗是であります。他の日蓮門下と一線を画す根幹です。
我々は御法主上人が御伝持なされておる、宗祖日蓮大聖人の御内証を拝し奉っているのです。
この御内証というのが、門外漢がわからないところなのです。
御内証を拝した上で、代々の御法主上人猊下に信を取り御指南に従っていくのです。
その御内証はとりもなおさず本門戒壇の大御本尊に存すのです。
そこが唯授一人の金口血脈相承の根幹であり、我々信徒の信の取るべきところです。
ですから唯授一人の血脈の当処は本門戒壇の大御本尊と不二の尊体にあるということです。
だからといって、御法主上人=即日蓮大聖人ではありません。ここに内証と外相の甚深の立て分けがあります。
外相においては三宝別体でありますが、御内証に於いては三宝は一体不二であり、御所持あそばす唯授一人金口相承の当処は、まさに人法一箇の御尊体なのであります。
ですから御内証に於いては、三宝一体の上から代々の御法主上人に対し奉り、我々は絶対の信を取るのです。
それを以て法主信仰や法主本仏論などと言うのは、内証・外相の立て分けを知らぬ一知半解の素人法門なのです。

神秘であるとか面白いからという理由ではありません。
相伝・相承と付嘱と言うのは、釈尊より付法蔵の24人の付嘱や、天台大師が章安に伝教大師が義真に付嘱したように、付嘱は仏法の伝統であり、付嘱の次第によって正しく流通されてきたものであります。決して権威を高めるためのものなどではありません。
血脈相承については、法を譲られる方とお受けになられる方のみ知り得ることで、我々の存知するところではありません。信徒としてはただただ信を以て拝するのですから、まして他宗の知るところではありません。このことで様々な憶測が飛び交いますが、いずれにしても推測の域を出ないものです。それを以ってして血脈相承を否定することもできません。

さてまたまた誤った回答があります。

>日蓮正宗では一器の水が漏れないと言ってますが、実は三祖日目上人が洛上の際、今の岐阜の垂井で入滅しました。急な事で相承もなく、

急なことで相承もなく、とありますが、何を以て相承がないといっているのでしょうかね?
日目上人様は最後の国家諫暁として富士を出発になられたのは御歳73歳です。
御高齢であられ、万が一戻れるかどうかわからない御覚悟を持って最後の天奏にご出発なされたのです。
ですから相承をなさらずにご出発などされるわけがありません。事実ご出発の前月、元弘3年十月に日道上人に唯授一人血脈相承なされています。

>日尊上人はそのまま京都に上がってしまい、日郷上人だけが大石寺に帰り、「相承うけたり!」として四代目の名乗りを上げました。しかし、争いに敗れて追放されました。

日郷師が「相承をうけたり」?どこに載っているのですか?
当の本人は相承を受けたなどと主張したことはありません。
日道上人が御相承受けられ、一宗を御統率遊ばされたおられたのは周知の事実です。
東坊の領地をめぐることでの係争があっただけで、相承をめぐって争ったことなどありません。

>この時点で水は思いっきりこぼれてますよね!

なぜ水がこぼれるのですか?
日郷師は血脈相承とはまったく関係のない方です。
相承を受けていないのだから法水がこぼれようがないのです。

文責も存在しない怪文書を元にするとこういった過ちを犯すのです。

rfw********さん

2009/10/1823:15:11

あの、日蓮正宗は唯授一人血脈相承が日蓮大聖人のお決めになった伝授の御本意です。之に異議を唱える人は、在ったか無かったか、ただ単に知らないだけです。ですから分かりませんって書いて下さい。

ang********さん

編集あり2009/10/2114:04:13

日蓮正宗では一器の水が漏れないと言ってますが、実は三祖日目上人が洛上の
際、今の岐阜の垂井で入滅しました。急な事で相承もなく、日尊上人はそのまま
京都に上がってしまい、日郷上人だけが大石寺に帰り、「相承うけたり!」として
四代目の名乗りを上げました。しかし、争いに敗れて追放されました。
各長老達が間に入り、みにくい権力争いに発展!権力闘争に敗れた日郷は
日興上人から譲り受けた末法護法の御本尊を持ち、内房の保田に追放されました
この時点で水は思いっきりこぼれてますよね!それにしても日尊上人はなぜ戻らずに
京都に洛上したのですしょうか、それが気になりますね!巻き込まれる事をわかって
巻き込まれたくなかったんでしょうか、日興上人から破門解かれてから信心強情に
励んでいらした方ですから、

ichigoichieさん、もしかして私に言ってるんですか?質問者に答えてるんじゃなくて?
あなたは歴史を知らないのですか!宗門の文献にもちゃんと乗っています!
歴史にもちゃんとある!なら、保田に隠匿した経歴をきちんと説明出来るのですか?
学会幹部なら誰でも知ってる事!本部幹部にでも聞いてみなさい!学会は歴史を
曲げるつもりですか!正しい宗教を名乗るなら歴史を曲げずに、正しく見なさい!
反論する前にきちんと調べてから反論しなさい!恥を掻きますよ!日達上人にして
も日顕上人に相承してないでしょう!これをどう見るのですか!こぼれ切ってるわ!
自分の宗教の歴史ぐらい知っておきなさい!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる