ここから本文です

お医者さんに診てもらって薬の処方箋をもらいました。同じ敷地にある調剤薬局に処...

tig********さん

2009/10/1822:07:58

お医者さんに診てもらって薬の処方箋をもらいました。同じ敷地にある調剤薬局に処方箋を提出して薬を出してもらいました。その調剤薬局の薬剤師さんですが、「今日はどうなさいました?」と質問が始まり、始めから、

症状を説明させられ、更に、先生(お医者さん)はなんと言っていたかまで質問されます。お医者さんのところで待って、やっと会計が終わったと思ったら薬剤師さんにまた説明しなければならず、とても不合理に思いました。薬剤師さんって必要なんですか?薬を管理していればいいのではないのですか?医薬分業で薬剤師さんが影から表にでてきましたが、これは必要悪のような気がします。他の方々はどう思っているのでしょうか?

閲覧数:
434
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

etw********さん

2009/10/1910:45:13

同じ敷地にある調剤薬局とありますが同じ敷地内や、医師の親戚でしたら保険薬局の開局は認められませんので、隣の敷地だと思います。

質問者さんの考えのような人がいるのはある程度仕方ないと思います。
ただ、患者さんに興味があって意味の無い質問をしているのではないです。
処方箋に病名や病状が書いていれば、その病名であっているかの確認で済むのですが、病名等は書かれていないのでどうしてもそのような質問から入らざるを得ないのですね。薬には効能効果が多数あるものも少なくありません。薬局薬剤師の業務は調剤行為にありますが、棚から薬剤を取ってくるだけのことをもって調剤とは言いません。それだけなら数が数えられれば誰でもできるのですから、大学の薬学部に通って国家試験まで通る必要はないのです。


医薬品は使い方を間違えれば(過失、故意も含め)、命を奪うこともできるものです。
世界的な医薬分業の歴史の始まりはヨーロッパから。医師に処方権も調剤権も全権を与えると、暴走することもあります。気に入らない人を他人に分からないように故意で薬殺することが可能になることから、調剤権を薬剤師に独占させ、医師は処方のみを書き調剤することを禁止しました。医師とは利害関係の無い薬剤師はそれが適切な処方内容であるか判断して調剤する。それが現在でも世界的には常識となっています。
また、医師も人間ですから、時には間違えることもあります。現在では患者さんの安全のためにそれをチェックするのが薬局薬剤師の大切な仕事の1つです。院外処方のミソは、医師とは利害関係の無い薬剤師にチェックしてもらうことにあります。
医師が処方する内容について監査して適性に処方されているのかを患者さんに確認しなければいけません。
先にも書きましたが、チェックするには患者さんの情報をいただかないと、チェックしようがないのです。
積極的に情報提供していただくと、よりご自身を守ることになります。


日本国内では法律を策定するときに医師会の反発で不完全な医薬分業の法律になっています。また歴史的な理由から法令順守していなかったのが現状ですが、法令順守していこうという流れであることは間違いありません。

薬剤師法です。
第十九条 薬剤師でない者は、販売又は授与の目的で調剤してはならない。ただし、医師若しくは歯科医師が次に掲げる場合において自己の処方せんにより自ら調剤するとき、又は獣医師が自己の処方せんにより自ら調剤するときは、この限りでない。
一 患者又は現にその看護に当たつている者が特にその医師又は歯科医師から薬剤の交付を受けることを希望する旨を申し出た場合
二 医師法 (昭和二十三年法律第二百一号)第二十二条 各号の場合又は歯科医師法 (昭和二十三年法律第二百二号)第二十一条 各号の場合

第二十九条 第十九条の規定に違反した者(医師、歯科医師及び獣医師を除く。)は、三年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

次に医師法
第22条 医師は、患者に対し治療上薬剤を調剤して投与する必要があると認めた場合には、患者又は現にその看護に当つている者に対して処方せんを交付しなければならない。ただし、患者又は現にその看護に当つている者が処方せんの交付を必要としない旨を申し出た場合及び次の各号の一に該当する場合においては、この限りでない。
1.暗示的効果を期待する場合において、処方せんを交付することがその目的の達成を妨げるおそれがある場合
2.処方せんを交付することが診療又は疾病の予後について患者に不安を与え、その疾病の治療を困難にするおそれがある場合
3.病状の短時間ごとの変化に即応して薬剤を投与する場合
4.診断又は治療方法の決定していない場合
5.治療上必要な応急の措置として薬剤を投与する場合
6.安静を要する患者以外に薬剤の交付を受けることができる者がいない場合
7.覚せい剤を投与する場合
8.薬剤師が乗り組んでいない船舶内において薬剤を投与する場合

質問した人からのコメント

2009/10/19 12:53:27

降参 私の両親はともに薬剤師で、決して表に出る仕事ではなく、資格だけで、たいした仕事もしていないくせにと思っていました。しかし、こんなに重要な職務を負っていて、今の薬剤師さんは大変なんですね。このような詳しいご説明をありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fgh********さん

2009/10/1823:00:32

医薬分業は、厚生労働省の方針だからです。病院内の薬剤師さんは、空いた時間を、服薬指導の時間などに回しています。説明するのが嫌なら、そうはっきり言うか、別の薬局にしたらどうですか。

ros********さん

2009/10/1822:10:56

院外処方は病院が儲かるらしいです。昔からある病院はいまだに院内処方あったりしますよ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる