ここから本文です

耳の具合が悪いことを上司に告げたら、嫌な顔されて個人病院はヤブだ、大学病院で...

kur********さん

2009/10/3103:14:47

耳の具合が悪いことを上司に告げたら、嫌な顔されて個人病院はヤブだ、大学病院で見てこいと言われました。 私は会社に万一迷惑があっては申し訳ないと思い申告したのですが、私が悪いのですか?

補足住民票とは、市町村役場にあるもののことですか?保健センターで手続きをするんですね?私は私でセカンドオピニオンでちゃんと調べるのが無難ですか?

閲覧数:
278
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/10/3123:46:34

おはようございます。
大学病院に行けと言うのは自然な流れでしょう。ただし、上司が指定難病であることを知っているかどうかは疑問です
知らなければ自分で首を絞めています。
住民票が無くても寝泊りしている自治体の保健センターに難病の申請相談。住民票は寝泊りしているところに置かなければなりませんので作る。書類をもらい診断した先生に必要事項を埋めてもらいます。コンビニなどコピーを忘れずに。診断書の日付が解雇前なら、それで解雇しづらくなります。申請してしまえばその時点で縛りがかかります。
病気を理由に解雇する場合は、就労可能な職種への配置転換を検討しなければならないはずです。
保健センターでどうするか相談されることをお勧めします。
難病患者就労支援・難病患者の中には、就労可能な状況にありながら、難病であるという理由で解雇され、あるいは就労の機会を失う者が少なくないことから、難病患者が就労できる環境を整備し、その円滑な就労活動を支援することにより、難病患者の自立促進を図るものとする。実施主体は、都道府県とする。
3 実施方法
(1) 難病患者就労支援協議会の設置
定義・ この事業において「就労支援員」とは難病患者の就労が円滑に行うことができるよう助言、指導等を行う者をいう・この事業において「就労支援協力員」とは、難病患者を受け入れる事業者をいう・ この事業において「モデル事業対象者」とは、本事業の対象となる者をいう
難病患者就労支援協議会の役割・難病患者就労支援協議会は、円滑な事業の推進に資するため、就労支援員を設置するとともに、次の業務を行うものとする。
本事業の対象となる患者(モデル事業対象者)の選定をおこなうこと・受け入れ事業者(就労支援協力員)の選定を行うこと・就労支援協力員からの報告に基づき難病患者の就労環境について検討を行うこと。

難病は原因不明が前提です。したがって労災とは、なりにくいです。また、あくまで労災を主張するなら突発性難聴との診断は誤診扱いとすべきです。労災で戦うかどうかは自由です。いわゆる労災をチラつかせて落とし所を探るかです。
難病認定されれば生活保護を受給しやすくはなりますが、、自分で進む道を決めてください。
補足に対して***
字数制限のため、削りました。
住民票はおっしゃる通り。今寝泊りしているところに住民票があればそこです。派遣の方は住民票を実家などに残している場合が多いので、変な書き方になりました。保健センターは役所の旧・保健所です。工場の保健センターではありません。
セカンドについては自分で考えてください。保健所で相談してください。
難病の診断書は都道府県で異なります。緩いのから厳しいところまでありますので、何とも言えません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

muk********さん

2009/10/3103:31:54

あなた様は悪くない。上司が狂ってやがる

son********さん

2009/10/3103:16:51

気にする事でもないと思います

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる