ここから本文です

唯物論を例えで分かりやすく手短に説明していただけませんか。

sli********さん

2009/11/1215:12:34

唯物論を例えで分かりやすく手短に説明していただけませんか。

補足金持ちけんかせず。
cos金持ちは生活が豊かだから何の徳にもならないけんかをしても損になることを社会的身分の上で知っているから。
個人の観念はその人の社会的身分で律せられる。
この例え間違っていますか?

閲覧数:
96,019
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hai********さん

2009/11/1707:39:15

私のすぐ下(tengu)のヒトが一番まともです。ただ、エンゲルスの引用だけというのが不満カナ。あとは俗流唯物論のラレツです。

唯物論に対立するのが観念論です。両者のチガイはただひとつ、精神と物質の発生について物質を先とするものが唯物論であり、精神を先とするものが観念論である、という処です。
だから、科学するココロがよって立つのは唯物論です。でも、精神現象が物質に還元できるとなると、ちょっとオカシイ。たとえば、脳科学者が脳生理の仕組みを語るのはイイが、脳生理で精神を語ろうとするなら逸脱です。 本を物質とみれば紙に付いたインクのシミでしかないが、インクのシミをいくら分析しても書かれた内容(精神)は出てこない。精神が物質に規定される、と云いきるのもオカシイ。規定されるばあいもあれば、規定されないばあいもあるだけです。これらはみな俗流唯物論です。
とまれ、唯物論もひっきょう人間の観念のつくりものだ。その意味で唯物論も観念論であることをまぬがれない。つまり、初源にかえれば 唯物論=観念論 となります。こうした反省がない唯物論が俗流だ、ということもできるでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「唯物論的」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ten********さん

2009/11/1700:34:44

まあ、有名な定義を。「自然にたいして精神の本源性を主張し、したがって結局のところ、なんらかの仕方の世界創造をみとめた人びとは…観念論の陣営を形づくった。自然を本源的なものとみた他の人びとは唯物論の各種の学派にぞくする。観念論と唯物論という二つの言いあらわしは、本来、これ以外の意味をもっておらず、この本でも、これら二つは、これ以外の意味には使われていない。これら二つにこれ以外の意味をもちこむと、どんな混乱が生じてくるかは、以下にみられるであろう」(フリードリヒ・エンゲルス『ルートヴィヒ・フォイエルバッハとドイツ古典哲学の終焉』)

evo********さん

2009/11/1700:14:49

一番下の回答者が偏屈すぎるのを除き
他の人の意見がおおよそ正解かと

例え

「腹が減った、目の前に石が転がっているが・・・」

唯物「あれは石だ、食えるはずが無い」
唯心「あれは石だ、やがてパンに変わるに違いない」

どちらも餓死するとしたら
・唯物は夢も無く、現実だけをただただ見て哀れに死ぬ
・唯心はやがて食べれる石に舌なめずりし、夢を見ながら死ぬ

どちらも生きるとしたら
・唯物は石など捨て置き、さっさと「食べられるもの」を探す
・唯心は「石がパンに変わった」ので食べた

生存率の高さが現代社会でどちらが勢力を持っているかを示す
そしてそれが現実

ass********さん

編集あり2009/11/1610:07:24

あああ、ひどい、ひどい!

約一名。ひどい。

物質しか存在しないとする理論ですと~♪

ンナ、あほな。

それはあなたの脳内にしか存在しないインチキ「唯物論」ですよ。

唯物論者も意識の実在性は認めます。その上でより根源的なのは、意識か物質かと問うているのです。

心身相関は事実です。嘘をつけば身体に変化が起きます。ポリグラフはそれを検知する装置でしょ。

でも、これは唯物論の証明というよりは、むしろ意識からの反作用の証明で唯物論に対する反証と見る方が多いでしょう。ただし、現代唯物論は意識の実在性もその反作用も認めてうえで、これらの現象自体が物質を基礎として成立していると言っているだけです。

屋根の下には柱や土台があると言っているだけで、屋根がないなってい言ってませんから~♪

ちょっと思いこみが激しすぎはしませんか?

yrk********さん

2009/11/1316:03:36

唯物論とは、宇宙の一切の存在及び現象を物質で説明する世界観のこと。
精神も物質による現象に過ぎないとするところに特徴がある。
精神が物質を離れて存在しうるとは考えないのである。

精神が肉体を離れても存在することができるという説も別にあり、
これを二元論と言う。物質と精神との二本立てで考える思想である。

唯物論の逆が唯心論である。
唯心論では、精神こそが万物の根源であり、
物質は人間の心によって認識されるが、
絶対確実とは証明できない曖昧なものと捉えるのである。

つまり、唯物論の正反対が唯心論だが、
その両方合わせたようなのが二元論である。
この種の概念は、例えばなしにすると逆に分からなくなる。
抽象的に捉えた方が分かりやすい。

sak********さん

2009/11/1310:12:13

「人間はタンパク質の塊だ」
唯物論=物理主義では正解です。
新陳代謝は物理ですからね。

katsuawa1234さんの答えは
宗教や道徳の話です。
偏り過ぎなので補正します。

唯物論とは物理主義の事です。
分野によって意味合いが異なります。

①科学の場合
あなたが料理をした時に、
コンロが点かない日があったり、
包丁が切れない日があったりしたら、
困りますよね?
ですので、物理法則に則って、
包丁は切れるように、
コンロは火が点くように作られています。
物理主義のおかげで、
無事に日常生活が送れます。
みんな物理主義の恩恵をうけているのです。

②宗教や道徳については
katsuawa1234さんの言った通りです。
感情を説明できません。
未科学という人もいますが。

③経済について
有名なのがマルクス経済学です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる