ここから本文です

個人事業しており損害賠償請求を受け敗訴に成りそうなので法人化しました。これで...

yuk********さん

2009/11/2315:32:40

個人事業しており損害賠償請求を受け敗訴に成りそうなので法人化しました。これで敗訴した場合強制執行は逃れられるでしょうか?

○○建設という名称にて事業展開しており、今まで居た賃貸物件の未納家賃等請求訴訟を提訴され間違いなく敗訴するので提訴後に㈱○○建設と法人化しました。役員も知人を入れました。個人と法人は別人格と聞きましたが提訴された本店所在地も代表取締役も○○建設と言う屋号も同一です(事業自体は軌道に乗っている為名称、本店の変更は出来なかった)が詐害行為等にも成らず差し押さえも回避出来るでしょうか?

閲覧数:
595
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lim********さん

2009/11/2315:51:14

あなたと同じことを考える人は多数います。
そこで、法人格否認の法理というのがあります。

原則は個人と法人とは別ですが、
強制執行を免れる目的がある場合には、
実質的には両者を同一として処理します。

民事執行法に詳しくないので、
具体的な執行方法まではわかりませんが、
執行できるはずです。

残念ですが、しっかりと弁済しましょう。

質問した人からのコメント

2009/11/29 22:42:38

法人格分離の法理は立証が中々難しいとの事ですが参考になりました。有り難うございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる