ここから本文です

保育園経営について教えてください。

hidehanamamaさん

2009/11/3013:58:44

保育園経営について教えてください。

保育園経営を考えております。すべて自己資金で30名~50名ほどの保育所を考えております。当然立地に左右されると思いますが、保育所経営は在庫がなく、キャッシュフローも明らかなので、比較的参入しやすい業界だと伺っております。

もちろん大きく儲けようとは考えておりません。子供の健やかな成長を願い、少しでも社会福祉に貢献したいことと、保育士さん方を厚遇したいと考えております。
その上で多少の利益があればよいと思っております。そこで、保育園経営の大きなリスクにはどのようなことがあるのでしょうか。今のところ首都圏、政令指定都市などで考えております。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
111,409
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bxa05221さん

2009/12/112:58:19

認可保育所の設立は非常にハードルが高いです。

認可保育所の設置基準の詳細についてはこちら>http://yamashikodomo.jp/hoikuen.html

このような認可保育所を市街地に設立するにはざっと見積もって、初期投資だけで1,5億円は最低限必要になると思います。

また、認可保育所は公費により運営されていますので理事会などの設置を求められまた、会計は社会福祉施設の会計基準に準拠することが求められますから、一般には法人の形態をとるのが普通になっています。ですから、まず、理事を募り法人を立ち上げ、それから市の担当課に相談しながら図面を上げ、設置要件を満たしていくことになります。そうしないと作り終えてから認可が下りないなど、とんでもないことになってしまうことがあります。もう一つの手段は、市の保育所の民間委託に名乗りを上げることですが、これについても原則社会福祉法人かそれに準じる組織が対象になる場合が多く、審査に通る必要があります。

公益法人の場合、理事は原則無給ですので、経営者として御自分が給与を得ようとする場合には、園長を兼務することになります。ご家族を事務長などにすることも可能ですが、それは給与規定などに準じて給与を支給されなければなりません。また、これからは経営者たる理事長と園長の兼務をしない様に指導が強化されていくと思います。

運営については大雑把な概要を別の方の質問で答えていますので、リンクします。参考にしてください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119677696

保育所(園)の所(園)長は保育士である必要はありません。所(園)長は保育に関する経営の専門家であるとされ、保育に精通することは求められますが、保育は保育士に委ねられるからです。所(園)長には誰でもなることができますが、現実的には、社会福祉主事が園長でない場合には、保育単価に一人当たり数千円/月の違いが出てきます。年度総額で数百万円の収入の違いになります。ですので、社会福祉主事として任用されるためには2年の勤務経験を持つことは必須です。所(園)長になる一番の近道は、とにかく保育所に就職して、少なくても2年間は勤めることです。そうすることで、所(園)長に任用されることが可能となります。

保育士がひとりで管理できる子どもの数は、一保育士当たりの乳幼児数は児童福祉施設最低基準によると、乳児3人、1歳以上3歳未満児6人、3歳以上4歳未満児20人、4歳以上児30人。となっています。また、乳児が6名を超えると正看護師の配置が求められ、9名にを超えますと正看護師の配置が必須になります。

保育所の経費は、こども一人ひとりに対して市町村から支払われる運営費によってまかなわれます。これは在籍する園児の年齢構成によって変化します。保育単価は各年齢によって決められています。「保育単価」で調べてみて下さい。

日本保育協会ホームページ http://www.nippo.or.jp/howto/index3.html (一番下に保育単価が出ています)

0才児6名、1才児6名、2才児8名、3,4,5才児を30名の定員の認可保育所で考えた場合、50名定員なら保育士が少なくても10名ぐらいは必要ですね。さらに、栄養士、調理士、事務員もいるでしょう。園長、主任保育士、事務長以外を新卒で賄ったとしても人件費は概算で3500万円ぐらい見込めばどうにかなるかな?

収入は、前述の規模で行くと概算、0才16万、1,2才児9万、3才児4万、、4歳児以上3万5千円となりますから、月の収入は16万×6人、9万×14人、4万×10人、3万5千円×20人となり、概算4000万円くらいですね。差し引き500万円というのが最も基本的な終始になります。ここに、保育材料費、給食費、衛生費、備品費、営繕管理など様々な経費がありますし、収入も民間施設給与等改善費が入ったりしますから、荒く計算すると、大体4500万を挟んでのやり取りが年間経費としては想定できるかと思います。

3)保育所開設にかかる初期費用は様々なケースがありますので一概に言えません。例えば、無認可の小規模保育所であれば賃貸のマンションなどでもできます。

リスクですが、なんと言っても園児の健康問題ということになります。事故や病気などさまざまな事件が起こります。保育所は厚労省管轄の福祉施設ですから、衛生管理などは結構厳しいものがあります。また、近年特にアレルギーに対しては要注意です。反応が強い場合最悪死亡することも考えられます。また、行政措置で入所退所が決まるので、待機児童の多い地域ほど、親の事情により子供たちの出入りが激しいです。乳児は3歳以上の子供たちに比べると格段に保育単価が高いですが、その分危険性も増します。ベテランの保育士がもっとも必要とされるところです。故に、3歳以上児だけを受け入れる保育所もあります。もっとも収入ががっさり落ちますけどね。

質問した人からのコメント

2009/12/1 18:49:55

ありがとうございます。詳しく教えていただき、感謝申し上げます。やはりハードルは高そうですね。しかしながら他の事業を立ち上げるより、やりがいがありそうです。都心で1.5億円は初期投資としては比較的安価なのですね。もっと勉強して具体的に考えていきたいと思っております。

「保育園 経営」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。