ここから本文です

僧兵というのは、早い話が、皇室や貴族の私生児(捨て子)ですか?

koj********さん

2009/12/216:20:20

僧兵というのは、早い話が、皇室や貴族の私生児(捨て子)ですか?

閲覧数:
429
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pan********さん

2009/12/219:09:16

中世の僧には厳然とした身分差がありました。
学侶・・・仏教の勉強をして高僧になる身分。寺院の要職を占める。皇室、公家、上級武士の子弟が殆ど。
衆徒・・・寺院の実務を担う中堅身分。下級公家、地方の有力武士の子弟が殆ど。
行人・・・寺院の下働きをする下層身分の僧。施設管理や清掃、寺領の管理などを担当。
僧兵と呼ばれる武装集団を構成したのは、衆徒と行人たちです。彼らは大衆とも呼ばれました。
寺院内でも、学侶と大衆たちの対立があり、一枚岩でない寺院が殆どです。大衆は数を頼みに、集会を開き、学侶に圧力をかけて要求を通しました。
このような激しい内部対立もあったせいか、門跡などの高僧は、寺院に住まずに都に屋敷を構えて住むようになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zun********さん

2009/12/217:46:51

僧兵は、全国各地の寺社が寺領などを守るために
組織した私兵です。
これが南都北嶺だけでも5,6000を下りませんので、
都の貴人の私生児だけで構成できはしません。

一方で、皇室の出で大寺院の門跡を継ぐような人
がいました。こうした人が寺に女性を連れ込み、子が
出来てやがて僧兵になった可能性はあります。

kei********さん

2009/12/217:07:26

幼少の頃寺に預けられる人はそういう生い立ちを持つ人もいましたが、基本的に違います。
大半が僧になろうと自分の意思で出家した人、寺に拾われて育った捨て子などです。
武士階級出身者も少なくありませんでした。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる