ここから本文です

セロトニンとドーパミンの違いとは?

my_********さん

2009/12/1516:02:12

セロトニンとドーパミンの違いとは?

閲覧数:
33,862
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sei********さん

編集あり2009/12/1800:19:15

ドーパミンがバランスよく分泌されている状態では、難しいことや嫌なことでもやる気を出して続けていける状態を保てます。
こういう点でドーパミンは重要です。
ジェットコースターに乗ると、怖かったのに、もう1回乗りたいという心理状態になる人は多いですよね。
怖かったけれど、「快感」もあったということです。
このもう1回という心理状態に関わっているのが、ドーパミンです。ドーパミンの影響によって、人は快感・快楽を求めます。
ドーパミンは人間の生命維持には欠かせませんが、
ドーパミンが分泌された結果、快感・快楽をもたらしたことが、海馬という脳の組織に記憶されます。
これが、「あの快感・快楽を、もう一度味わいたい。」という心理状態と結びつきます。
あまりにも快楽を追求する心理状態が続くと、依存症へ導きます。ギャンブル依存などが典型的な例です。
もちろん、ドーパミンがバランスよく分泌されることが望ましいのですが、快楽を求めるあまり、収拾がつかなくなってしまうのです。

そこで、ドーパミンに歯止めをかける神経伝達物質がセロトニンです。ドーパミンが増量すると、喜び興奮します。
この心の高ぶりを、落ち着かせるのがセロトニンです。セロトニンは放出され過ぎたドーパミンを減らす働きを持っています。
セロトニンが十分働くと、強くなった快感が弱まり、心が落ち着きます。快楽を求める状態にブレーキをかけてくれるのです。
ドーパミンは「もっと快楽を。」という心理状態に結び付くことに対して、セロトニンは「もう、これで満足。」という心理状態を作り出す関係にあります。
ドーパミンは自動車で言うと「アクセル」、セロトニンは「ブレーキ」ということになります。

更に、セロトニンがしっかり働いている限り、少々の不安は意識されません。健康な人が、ストレスやプレッシャーに強いのはこのためです。
ところが、セロトニン不足などの状態になると、不安や恐怖を克服できない状態になります。
わずかなことにでも、不安や苦しみを感じ、一方で、感情を抑制できず、快楽・快感への欲求が止められなくなるのです。

セロトニンは、精神的、または肉体的なストレスによって不足します。
セロトニン不足が深刻になると、うつ病になりやすい状態を招きます。

薬の中には、セロトニンを調整するものがあります。

また、セロトニンの原料であるアミノ酸、トリプトファンは、牛乳・納豆・みそ・魚・豆・バナナに含まれています。

セロトニンの原料、トリプトファンの情報です。資料の下のほうに【食品中に含まれるトリプトファンの量】が載っています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%88%E...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる